「千原ジュニアが怖い」オリラジ中田敦彦、先輩芸人との微妙な関係

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 吉本興業を退社したオリエンタルラジオの中田敦彦と藤森慎吾が、コンビで運営するYouTubeチャンネル『オリエンタルラジオ- Oriental Radio ₋』を更新。YouTubeでコラボしたい芸人と、吉本の「怖い」先輩芸人について語った。

 中田は今後YouTubeでコラボしたい人物として、フルーツポンチ村上、はんにゃ、トレンディエンジェル、ニッチェ、三四郎の名を挙げた。先輩芸人では、大好きな芸人としてロバートの名もあげたが、中田は好きな先輩に自分からうまく距離を詰められず、たびたび誤解を受けてきたという。

 たとえば、しずるの池田一真。ルミネの楽屋で偶然遭遇した際、嬉しくなって声をかけると、中田は池田に「おい、馬鹿にしてんだろ」「お前よお! 馬鹿にしてんだろ」と詰められたそうだ。大好きだからこそ笑顔で話しかけたのだが「俺、誰かを馬鹿にしてると思われてる」としょげる中田。

 誤解されやすいという中田の言葉を受け、可愛がられ体質の藤森は「(先輩芸人に)思い切ってバーッと打診してみてもいいと思うよ。絶対、たぶん出てくれると思う。俺の感触だとね」と励ました。しかし中田は、「慎吾の感触がだいぶフィルターかかってるから!」「あっちゃんに会いたがってたよ~、って(藤森が)言うけど、(相手の)チャンネル見たら会いたがってねえんだよ!」と自虐。藤森が「そんなことはない!全然(打診を)したほうがいい!断る理由がないもんね」と食い下がるも、中田は「俺はこんなに好きなのにあんま伝わらないんだよ。すげえ怖い奴だと思われてるからさ」と自己分析した。

 そして藤森が「勝手にそう思ってるだけで、わかんないけど、ジュニアさんに例えば打診してみるとかも……」と千原ジュニアの名前を出すと、中田は「それはまずいだろう!」と一蹴し、次のようにまくし立てた。

「ジュニアさんへの打診はまずいよ!!慎吾は違う。全然違う!!ジュニアさんは慎吾のこと可愛いって思ってるから。俺のことは全然可愛くないんだから!!」

「緊張する、緊張する!!(自分の番組に呼んだら)一挙手一投足ミスができない!!なにを話したらいいかわかんない!」

「尊敬してますよ、なんて目の前で言ったって何になるんだよ!なんにもならない!」

「ジュニアさんは俺会うの怖いのよ」

 中田はもともと千原ジュニアのライブに行くほど大ファンで、藤森がはじめて中田に借りたDVDは千原ジュニアのお笑いライブのものだったという。「慎吾、これを見てお笑いを勉強しろよ」と言うほど、中田は千原ジュニアのことが大好きだったのだ。

 中田はどの先輩にどんなふうに思われているのか全く分からないという。「めちゃくちゃ憎まれてる可能性けっこうあるから!」とさえ言うほどで、憎まれキャラという心当たりはあるようだ。そんな中田への周囲の客観的な評価を知っているはずの藤森は、「けっこう思い込みすぎているところあるよ」と励ますが、「慎吾は楽観的すぎる。(先輩からしてみれば)」おいそれとオファーかけてくるんじゃねえよっていうのがあるもん。関係性ないのになんなんって思われる可能性全然あるよ」と、中田は先輩の反応にビビっている様子だった。

 とはいえオリラジチャンネルは中田一人のものではない。可愛がられキャラの藤森がいる。シャイで疑心暗鬼な中田は自ら先輩に共演オファーなどできないが、コラボしたいという気持ちは強く、「慎吾ちょっとお願いしてきてよ……」「なんとかお願いします」と、最終的には藤森頼みでコラボオファーをかけることになったようだ。千原ジュニアがこのチャンネルに登場する可能性もあるのだろうか。

「「千原ジュニアが怖い」オリラジ中田敦彦、先輩芸人との微妙な関係」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。