YouTuberヒカルは「偽物のカリスマ」だった? 本物の求心力を身につけた有言実行力

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 11日、人気YouTuberのヒカルを特集した番組『職業カリスマ 〜YouTuberヒカルの光と影〜』がTOKYO MXで放送された。ヒカルは自身のYouTubeチャンネルでテレビ番組の内容をリアルタイムでプレミア配信し、最多同時視聴者数は番組終了時点で約19万3000人。呼びかけの成果もあり、「#職業カリスマ」「#ヒカル密着」がTwitterのトレンド1位、2位を独占した。番組の構成はドキュメンタリー形式で、ヒカルのインタビューを挟みつつ、生きざまをなぞるものだった。

 前半ではふだんの動画撮影に密着したり、ヒカルのアパレルブランド『ReZARD』を紹介。後半はヒカルが地元・兵庫県姫路市の思い出の地を訪れ、活動初期に関わった人々に会いに行った。テレビCM中には人気YouTuberが友情出演し、ヒカルの印象について口々に「言霊がすごい」と語った。たしかにヒカルの言葉はいつも力強く、たとえばビジネスの成功論について話すときはこんなふうだった。

「僕には影響力があって、『集客』っていう、すべてのビジネスにおいて1番大事な点を、僕は広告費をかけずに行うことができる」

「最初、仮に50点のサービスのものを出しても、僕って動画にすればめっちゃコメントが来るんすよ。コメントを通して、ここはだめだ、こう直してほしいと何千件と。それをすべて吸い上げて反映したら絶対点数ってあがっていくわけでそれをすべてにおいて続けるというか。繰り返すだけでいいのかなって思ってて。最初から100点はとれないと思うんですけど、気づけば100点近くになってる」

 友情出演したてんちむは、ヒカルを「あ! 本物だっていうふうに思いました。オーラもやっぱあって、ヒカルさんって感じでしたね。一番最初は冷徹な、ザ・ビジネスって感じの人なのかなと思ったんですけど、義理人情もすごいあって、お金だけじゃなくて、いい意味でイメージと全然違いました。自信と、有言実行。あと、ヒカルさんは常々なりたい自分になっているという感じがします」と褒め称える。他にも東京進出後にヒカルが出会った多くのYouTuberはヒカルは本物のカリスマだと声をそろえた。

 しかし一方、まだヒカルが駆け出しだったころからの付き合いである、遊楽舎の店長の見方は少し違った。店長は「カリスマを演出した結果、本物のカリスマになったタイプの人間」と分析。「最初は偽物だったと思います。カリスマって言っているだけの。でも、その偽物が自分は本物になれると信じ続けた結果、そのための努力とか、いろいろなアイデアを出して、それを実行していって、本物になった男」と評した。

 ヒカル自身は、「自身のことを好きじゃなくなった時がカリスマ引退のとき」だと言う。自分がマンガに出てくるキャラだとしたら、「間違いなくYouTubeの中でダントツで映えてる」存在で、自分を好きになることを意識しながら上り詰めた結果、今、自分は自分を魅了し続ける存在となっている……と自画自賛した。

 YouTube開始初期からヒカルを頼った雨上がり決死隊の宮迫博之は、ヒカルを「可愛い息子」と言い、「本当に僕がどうなろうが、一生関わっていくし、絶対僕助けますから」と力強い応援メッセージを添えた。宮迫をはじめとして“おっさん”との相性が良いと自称するヒカルが次にYouTubeに引き摺り出したいのは、引退した島田紳介だという。マスメディアが促しても再登板を拒否し続ける島田紳助だが、ヒカルにたらしこまれてYouTube登場という筋書きもあり得るのかもしれない。

「YouTuberヒカルは「偽物のカリスマ」だった? 本物の求心力を身につけた有言実行力」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。