Snow Manに「箱推し」が多い理由 急増する“Snow Man沼落ち”、メンバー愛に感動

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 ジャニーズグループのSnow Manが、YouTubeの公式チャンネル登録者数が100万人を超え、「金の盾」を獲得した。100万人を突破したのは1月2日のこと。Snow Manがアーティストチャンネルを開設してから1年と22日で達成したことになるが、Snow Manのデビュー日は2020年1月22日。実に運命的な数字だ。

 1月13日にSnow Manは100万人達成を祝う動画を投稿。「なんで9人でここにいるのー?」とぼける佐久間大介に「嬉しいことがあったじゃないですか!」と正しく進行しようとする深澤辰哉だが、他のメンバーも「晴れたね」「太一君からお年玉頂いた」とボケるボケる。

 じゃんけんの結果、佐久間大介が盾を開封すると大きなどよめきが起こった。口々に「家に飾りたい」と話す中、渡辺翔太が金の盾を持って逃げていこうとして捕まり、「いま電話来た……」と言い訳をする渡辺に「携帯持ってねーじゃん!!」と皆がツッコむなどコントのような展開で、相変わらずの仲良しぶりを見せた。

 この動画では「もう一個嬉しいことがある」と発表。デビュー1周年を記念&3rdシングル「Grandeur」リリース記念特別番組の生配信が決定したのだ。「あんなに俺ら、やりたいやりたいって言ってて、やっとできるんすか!」「100万人いかなかったらやらなかったかもしれない」「みんなのおかげだ!」と、メンバーは改めてチャンネル登録をしてくれた視聴者にお礼を述べた。

 配信日は「Grandeur」の発売日である1月20日。詳細は追ってチャンネルで発表するという。

 好きになったら抜け出せない、沼のようにどんどん深みにはまっていく様を「沼落ち」と表現するが、「Snow Man沼」にハマる人は急増しているという。その理由の一つはメンバー同士の多様な関係性にあるだろう。

 リーダー&最年長で夫婦枠の「いわふか」こと岩本照&深澤辰哉。みんなの先生役の阿部亮平&ポジティブで明るい子供のような佐久間大介。実はナイーブで寂しがりな向井康二を持ち前の色男ぶりで受け止める目黒蓮の「めめこじ」など、バラエティあふれる関係性に飽きがこないというのは、多くのファンが語っているところだ。グループの誰か一人だけを推すのではなく、「箱推し」(グループ全体を推すこと)が多いのもSnow Manファンの特徴といえる。

 今回の動画も、視聴者からは、「メンバーの喜ぶ顔を自分のカメラに収めたいこーじ、カメラを忘れてまずメンバーに金の盾を見せようとするさっくん、いつもphoto boyをphotoしてくれるあべちゃん…メンバー自身がこんなにSnow Manを愛しているから、Snow Manはたくさんの人に愛されるんだろうなと思う」といったコメントが寄せられた。

 Snow Manの一挙手一投足が、ファンにとってはすべてたまらない瞬間だ。デビュー1周年を記念&3rdシングル「Grandeur」リリース記念特別番組の生配信も大いに盛り上がるに違いない。

「Snow Manに「箱推し」が多い理由 急増する“Snow Man沼落ち”、メンバー愛に感動」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。