男女でシェアするジェンダーレスコスメの世界 性別にとらわれない美容オイルブランドも

文=小澤佐知子
【この記事のキーワード】
男女でシェアするジェンダーレスコスメの世界 性別にとらわれない美容オイルブランドもの画像1

GettyImagesより

 ファッションの世界では今、男女の垣根を超えた、ボーダレスで自由な発想の服がトレンドとなっています。ワンピースやキュートなプリント柄の服がメンズラインに登場したと思えば、レディースブランドでメンズ風スーツが人気を得るなど、あえてジェンダーの境界線を曖昧にしたファッションがトレンドを牽引しています。

 実は今、ファッションだけでなくコスメ業界も大きな変革期にあります。今までの、男女の二元的な観念から解放され、新しくジェンダーフルイドなアイテムたちが続々と登場。MENでもWOMENでもなく、1着のスーツを男女で兼用するような流れは美容でも同様です。

 そんな“カップルでシェアできるビューティ”が注目されている理由を紐解くと、より自由でポジティブな、あなたにとって心地よい美容が見つかるかもしれません。

男性でもメイクをしてもいい時代に

 2020年は、化粧品会社の広告にメイクをした男性モデルを頻繁に見かけるようになりました。韓国のヒップホップグループ「BTS」の世界的なヒットも拍車をかけたのか、「男性がメイクをしてもいい」雰囲気が社会に生まれ、よりフリーでナチュラルな肯定感が見て取れます。

 メイクをするもしないも個人の自由。性別に対するバイアスが薄れ、自分が心地よい生き方を選択できる時代へとシフトしているのです。

 また、このような考えは女性のメイクトレンドにも反映されています。今までは、“メイク=欠点のカバー”がスタンダードでしたが、最近のトレンドは「ミニマム」。隠すより、欠点も個性と捉えるのです。

 例えば、シワやソバカスはあえてそのまま見せる、一重の目にアイプチをしない、ファンデの色を無理に明るくしない、薄い眉やまつ毛も盛らずナチュラルに、などなど。メイクは“鎧” でなく、肩の力を抜いた、自分が居心地よく過ごすためのツールへと移り変わっているように感じます。

男女ともに清潔感と心地よさを追求する時代に

 最近では、“男らしさ” よりも“清潔感”を重視する男性が増えています。男性が望む清潔感と、前述した女性が好むミニマムが合致したビューティブランドが増えたことで、男女兼用コスメがブームとなっているのです。

 その代表アイテムが美容オイル。肌にも髪にも身体にも使え、中にはこれひとつでスキンケアが完結するものも。ミニマムでありながら全身がクリーンな潤いに満たされる美容オイルは、男女共に使いやすいアイテムとして定番化しつつあります。

フローラルではなく、天然由来成分の香りが人を虜にする

 男性がビューティアイテムを取り入れやすくなった背景には、「香り」があります。これまでは、メイクやスキンケアのアイテムは“フローラルな香り”が定番でした。ところが、今やすっかり精油ブーム。天然由来成分を配合した自然派由来の化粧品が席巻し、男性も抵抗感なく使えるのです。

 精油の香りは、心身の状態を整えたり、感覚が研ぎ澄まされるような香りが多いことから、特に自然派由来のスキンケアやヘアケア、ボディケアアイテムなどを男女兼用で使う人が増えています。

ジェンダーフルイドで使えるおすすめビューティブランド

 では、2021年に注目される男女兼用で使えるビューティブランドを紹介します。

男女でシェアするジェンダーレスコスメの世界 性別にとらわれない美容オイルブランドもの画像2

性別や生活のオンオフにとらわれない新ヘアブランド
アリミノ ダンスデザインチューナー

 性別の違いで分けず、心地よさや丁度良さを大切に、全ての人が“自分らしく” 使えるヘアスタイリングシリーズ(2021年1月7日より新発売)。シンプルなパッケージは、誰でも手に取りやすい印象。ワックスやオイルジェル、ミルクなど全6種のテクスチャーがあり、各ネーミングは「ブレイクキープ」など、ダンスをイメージ。それぞれのリズムに合わせたヘアスタイリングを楽しめます。
価格帯1800円~2500円(税抜)

男女でシェアするジェンダーレスコスメの世界 性別にとらわれない美容オイルブランドもの画像3

肌質×効能を自分で選べる、これ1本で肌が整うオイル
SENN ウォーターオイルバランサー

 SENNは本当に良いもの、必要なものなどLess is beautyをコンセプトに、この思想を体現する楽曲、本、美容、瞑想プロジェクト、生け花会などを共創したエディトリアルコンテンツを発信しています。その中のひとつであるスキンケア「ウォーターオイルバランサー」は、二層式のウォーターオイル。油分・水分・美容成分を肌質と肌なやみに合わせて適度なバランスで配合。自分の肌質と求める効能を自分でチョイスし、それに合う調合の1本が見つかります。これひとつでスキンケアが完了し、しかも余計なものを除き、目的にあったシンプルなお手入れは、男性でも使いやすいと評判。
価格6400円(税抜)

男女でシェアするジェンダーレスコスメの世界 性別にとらわれない美容オイルブランドもの画像4

着飾り過ぎないピュアな美を手に入れるビーガンブランド
オーセンティック ビューティ コンセプト オードトワレ

 ナチュラルな美しさと飾らないリアルという信念から生まれたライフスタイルケアブランド。サスティナブルな原材料を選び、全ての製品は硫酸塩、パラベン、シリコーンを含まないヴィーガンな処方を徹底しています。豊富なヘアラインもさることながら、注目すべきはオードトワレ。ボディにヘアにそしてルームフレグランスとしても使えるその香りは、おろしたてのリネンと可憐なスミレを思わせる多幸感ある香り。男女問わず使えるオールマイティフレグランス。
価格6000円(税抜)(2021年3月15日発売)

 情報が溢れる現代こそ、シンプルでミニマムな暮らしを求める人が増えています。美容もそのひとつ。余計なものをなくし、心地よく使えるケアアイテムは、2021年、男女問わず求める“生活のマストアイテム” として注目されそうです。

「男女でシェアするジェンダーレスコスメの世界 性別にとらわれない美容オイルブランドも」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。