高校生の就活を支援 キャリア教育と就職指導をサービス「ジョブドラフトキャリア」

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
高校生の就活を支援 キャリア教育と就職指導をサービス「ジョブドラフトキャリア」の画像1

GettyImagesより

 高校生の就職を支援する「ジョブドラフトNavi」の運営や高卒採用支援を行う株式会社ジンジブが、今年4月より、高校向けのサービス「ジョブドラフトキャリア」の提供を開始します。

 高校生の就職活動は学校斡旋での紹介が一般的となっており、内定率は高いものの、早期離職率の高さ、早期離職後の非正規雇用の多さが課題となっています。また、高い内定率の一方で、進路未決定のまま高校を卒業する生徒も毎年約6万人いるそうです。

 就職のミスマッチや進路未決定を軽減するために重要になってくるのが、高校生たちが将来の生き方を自己決定するための早期のキャリア教育やきめ細かな就職指導。しかし、学習指導や進路指導も抱える高校側にとって、この負担は重くのしかかっています。

 「ジョブドラフトキャリア」では、高校3年間を通してキャリア教育や就職指導を提供。キャリア教育では、1~2年生の早期から自己理解や、自分の生き方を決める考え方、目標設定の仕方、課題解決のプログラムを実施。進路や就職を「自己決定」し、社会で生き抜く力を身につけられるようサポートを行います。

 また、職業観の育成や具体的な進路決定のサポートなどの進路指導、就職希望者には面接対策や履歴書添削などの就職指導も実施。キャリア教育から就職先内定に至るまでをトータル的にサポートするサービスになります。

「高校生の就活を支援 キャリア教育と就職指導をサービス「ジョブドラフトキャリア」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。