寒い朝の快適な目覚めに最適な室温は「20~22℃」 パナソニックの起床時エアコンテクニック

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
寒い朝の快適な目覚めに最適な室温は「20~22℃」 パナソニックの起床時エアコンテクニックの画像1

GettyImagesより

 全国的に厳しい寒さが続く今年の冬、朝起きるのに時間がかかる……という方も少なくないのではないでしょうか。パナソニックでは、睡眠の専門医・坪田聡氏に伺った起床時に気をつけたいことや、パナソニックのエアーマイスター・福田風子氏によるサッと布団から脱出できるための「起床時エアコンテクニック」を紹介しています。

 リリースによると、「人間の体は就寝時に血圧が下がり、起床時に上がるとされ、特に冬場は布団の中と室内の温度差が大きいので、さらに血圧が上がりやすくなる」(坪田医師)とのこと。

 冬の起床時に最低でも保っておきたい室温は「16℃以上」。また、寒くても「寝具(パジャマ、掛け布団)を厚くするのは、重さで寝返りがしにくくなり、睡眠の質が下がってしまう」のでおすすめできないそうです。

 信州大学の実験では「起床1時間前に室温を20~22℃程度に暖めてから起床すると、日中の手足の皮膚温を冬でも高く保てる」ことがわかったといい、起床時の室温を高めることで一日を快適に過ごせる効果もあるそうです。

 起床時には【布団の中でストレッチ】(基礎代謝アップ)、【明るい光を浴びる】(スマホもOK)、そして【朝食はアミノ酸を摂取】(牛乳、バナナ、肉)することが快適な1日のために推奨されています。

 では、冬の朝、エアコンをどのように活用すればより快適に起きられるのでしょうか。パナソニックのエアーマイスター・福田風子氏によると、冬は、就寝前に「室温20~22℃ 起床1時間前」でタイマーセットすることが重要。

 エアコンのタイマーは、予約時刻に設定温度になるよう、それよりも前から運転がスタートしているので、朝7時に起床する場合は、朝6時にタイマー設定しておくと、起床1時間前に室内が20~22℃に暖められ、快適な環境で目覚めることができるそうです。

 寒くなればなるほど、「部屋が暖まるまで時間がかかる……」と感じることもありますが、福田氏によると、これにも理由があるそうです。冷房運転が「外気温30℃の時、室温を27℃に冷やす」のに対して、暖房運転は「外気温5℃の時、室温を22℃まで温める」ので、冬場は設定温度と外気温の差が大きく、設定温度になるまでに時間がかかるんですね。

「寒い朝の快適な目覚めに最適な室温は「20~22℃」 パナソニックの起床時エアコンテクニック」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。