エアコンつけっぱなしで換気してOK! ダイキンが電気代や湿度を比較

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
エアコンつけっぱなしで換気してOK! ダイキンが電気代や湿度を比較の画像1

GettyImagesより

 いよいよ寒さが厳しくなっていますが、新型コロナウイルスの感染予防で換気は不可欠。でもせっかく温めた室内の空気が一気に冷えてしまいそうで……。コロナ禍の冬、暖房と換気はどのようにすれば衛生的かつ効率的なのでしょうか。

 ダイキン工業株式会社の「ダイキン空気のお悩み調査隊」は、「冬に窓開け換気をする場合、エアコンの運転はどうしたらいいの?」をテーマに、住宅を使い2つの調査を実施。その結果を公開しました。この調査を参考にしてみましょう。

【調査1】冬の窓開け換気時に、エアコンをつけっぱなしと小まめにオン・オフした場合では、どちらの方が消費電力量は少なくて済む?

 冬の7~23時に、30分に1回・5分間の窓開け換気を行い、換気時に「エアコンの電源を小まめにオン・オフした場合(換気時に電源オフ/換気後に電源オン)」と「エアコンをつけっぱなしにした場合」、それぞれの消費電力量はどう変わるのでしょうか。

 ダイキンの調査の結果、換気時に「小まめにオン・オフした場合」の消費電力量は4.02kWh、「エアコンをつけっぱなしにした場合」の消費電力量は3.48kWhで、「エアコンをつけっぱなしにした場合」のほうが消費電力量は少ないことが判明しました。

 電気代に換算すると、「エアコンをつけっぱなしにした場合」のほうが、1日で約14.5円下がったことになります。室内の温度の推移を見てもエアコンをつけっぱなしにしたほうが暖かく、窓開け換気をしながらも快適に過ごせそうです。

【調査2】 冬の窓開け換気時に、加湿をする場合としない場合では、どちらのほうが快適に過ごせる?

 冬の7~23時に、30分に1回・5分間の窓開け換気を実施し、換気中に加湿空気清浄機で「加湿をした場合」と「加湿しない場合」、それぞれの室内の湿度変化はどうなるでしょうか。

 その結果、換気中に「加湿をしない場合」は湿度30%台の時間帯が続きましたが、「加湿をした場合」は全時間帯を通じて、冬の室内湿度として推奨される湿度40%にほぼ保たれました。窓開け換気をしている時に加湿器や加湿空気清浄機を使用することは、乾燥対策に効果があるといえそうです。

 この調査を経て、ダイキンは「コロナ禍の冬は“換気+エアコンつけっぱなし+加湿”が正解」と言えそうだと提案しています。参考になったでしょうか?

※本調査は、1つの住宅を使用し、天気や気温など条件が近い複数の日に実施されました。厳密な同条件での比較ではありません。

「エアコンつけっぱなしで換気してOK! ダイキンが電気代や湿度を比較」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。