2位は池袋! 東京の20~30代独身女性が「住みたい街の駅」

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
2位は池袋! 東京の20~30代独身女性が「住みたい街の駅」の画像1

GettyImagesより

 リノベーションを手がける株式会社groove agent(ゼロリノベ)が、東京都在住で20〜30代のシングル女性2000人を対象に、「住みたい街の駅」とその理由をアンケート調査。その結果を公開しました。

 1位は「吉祥寺」(123票)で、2位の「池袋」(55票)の2倍以上の票を獲得しています。さすが、この手のランキングで上位常連の吉祥寺が安定の人気を保っていますね。

 3位は「恵比寿」(54票)、4位には「北千住」(51票)、5位「中野」(46票)と続きます。以下は、6位「渋谷」(40票)、7位「新宿」(39票)、8位「中目黒」(38票)、9位「立川」(36票)、10位「荻窪」(35票)でした。

 20〜30代シングル女性が住まう街選びで優先している要素は、一番が「交通・買い物の利便性」71.48%。圧倒的です。ここは男女関係ないのではないでしょうか。以下、おしゃれさや落ち着きなどの街の「雰囲気」14.26%、「地価・物価」9.45%、「治安・災害時の安全性」4.81%でした。

 「住みたい街の駅」上位10位に寄せられた「住みたい理由」のコメントも紹介します。

▼1位:吉祥寺
「都心へのアクセスがいいが、都心すぎず、今の年収でも現実的に住めそうだから」
「都内でもすごく土地が高くない」
「治安が良い」
「ショッピング、日用品、薬局、公園、病院など全て揃っている」
「井の頭公園が好き」
「おしゃれな街で楽しく住めそうだから」
「人気だから」

▼2位:池袋
「生活の利便性と交通の便のよさ」
「普段遊びに行くから」
「職場や商業施設へのアクセスのよさ」
「都心だしアニメ関連の店もあるし、買い物は便利」
「何をするにも困らない」

▼3位:恵比寿

「山手線沿線で徒歩圏内に色々な施設が揃っているから」
「利便性、安全性」
「都会的でおしゃれなお店が多く、かつ少し離れると人が減り落ち着くから」
「洗練された街だから」

▼4位:北千住
「物価とアクセスの良さを鑑みて」
「下町ながら交通の便もよく都心よりは少し離れているがなんでも揃う」
「都心ほど家賃が高くないけど、アクセスが良かったり駅前で色々揃うから」
「今のとこよりは家賃が安そうだし、ルミネがあり買い物が便利」

▼5位:中野
「物価は安いが都心へのアクセスの良さ」
「街のカルチャー、雰囲気」
「お店が多くあり利便性が良い」
「都心すぎず、田舎でもないから」

_____

▼アンケート概要
調査方法:webアンケート方式
調査対象:東京都在住のシングル女性2000人(※年収の指定なし)
調査実施日:2020年12月5日
調査主体:株式会社groove agent(ゼロリノベ)

「2位は池袋! 東京の20~30代独身女性が「住みたい街の駅」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。