成宮寛貴が帰国「今すぐこの芸能界から消えたい」衝撃の引退から4年

文=田口るい
【この記事のキーワード】

 元俳優の成宮寛貴が、日本に帰国したことをインスタグラムで明かした。芸能界引退後は海外で生活し、成宮博重の名前でアーティストとして活動している。

 成宮は17日、インスタグラムを更新し、<Back in Japan :) #ただいま #東京>と投稿。ファンから「お帰りなさい この一言が言えることが嬉しい」「もうずっと日本にいてほしい」と熱烈なコメントが寄せられている。

 俳優時代、『ごくせん』第1シリーズ(日本テレビ系)、『オレンジデイズ』(TBS系)、『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)などの話題作に出演し、安定した人気を誇っていた成宮。しかし、2016年12月2日発売の「FRIDAY」(講談社)がコカイン使用疑惑を報じ、彼の俳優人生は一変した。

 報道後、当時の所属事務所・トップコートと成宮本人が違法薬物に関する疑惑を否定。しかしその翌週にも「FRIDAY」は続報を掲載し、成宮は同日に芸能界引退を発表した。引退に際して、成宮は所属事務所を通じて直筆コメントを公開したが、それは深い悲しみや絶望が感じられる内容だった。

<心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました>
<この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続ける事に言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです>
<今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい>

 だが“友人の裏切り”はその後も続いた。成宮に薬物を提供し「FRIDAY」に写真を渡したという友人・A氏は、ワイドショーのインタビューに答えたり、ブログやツイッターのアカウントを開設して、成宮について<私の目の前であからさまに(薬物を)使用するようになった>などと暴露。ただ成宮本人が不在ということもあって、騒動はやがて沈静化した。真相は今もわからないままだ。

 その後、成宮は海外に拠点を移し、インスタグラムではオランダをはじめとしたヨーロッパに滞在している様子を公開。海外の友人たちと楽しそうに過ごしている写真も多く、悠々自適なライフスタイルを送っているように見える。また、インスタグラムで定期的に自作の絵を公開するなどアーティスティックな一面もあり、自身のウェブサイトではプロデュースしたTシャツやアクセサリー、マグカップなどのオリジナルグッズを販売している。

 しかし今でも彼の俳優復帰を熱望するファンは多い。インスタグラムのコメント欄には「芸能界復帰を楽しみにしてます」といったコメントがたびたび書き込まれている。2019年10月には、平宮氏がかつて出演していた『相棒』で電撃復帰すると「女性セブン」(小学館)で報じられたが、本人と脚本家がSNSで<フェイクニュースです>と否定した。

 俳優として堅実なキャリアを築いていた中の突然の引退。40代、50代と年齢を重ね深みを増していく彼の演技を見たいというファンは今も少なくない。今回の帰国を機に、何らかの形でメディアに登場してくれたとしたら、ファンの喜びもひとしおだろう。

「成宮寛貴が帰国「今すぐこの芸能界から消えたい」衝撃の引退から4年」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。