IMPACTorsのMV公開に批判噴出、ジャニーズJr.の激化する“次期デビュー争い”

文=田口るい
【この記事のキーワード】
IMPACTorsのMV公開に批判噴出、ジャニーズJr.の激化する次期デビュー争いの画像1

ジャニーズISLAND TVより

 ジャニーズJr.内のグループ・IMPACTorsのオリジナル曲「Top Of The World」のミュージックビデオがYouTubeで公開され、ジャニーズファンの間で物議を醸している。

 IMPACTorsは、影山拓也、佐藤新、横原悠毅、松井奏、椿泰我、基俊介、鈴木大河の7人で構成される。彼らは、2019年4月~5月にかけて公演された『滝沢歌舞伎 ZERO』や昨年12月に公開された『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』に出演。また、2020年4月~5月に東京・シアタークリエで行われる予定だった(新型コロナウイルスの影響で中止)『ジャニーズ銀座2020 Tokyo Experience』C公演の出演メンバーだったことから、ファンの間では“クリエC”という愛称で親しまれていた。

 そして昨年10月16日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で、IMPACTorsという名称が発表され、正式にジャニーズJr.内のグループとしての活動がスタートした。

 活動開始からわずか3カ月でオリジナル曲を与えられ、さらにミュージックビデオがフルサイズで制作されるというのは、ジャニーズJr.としては異例。ジャニーズJr.内には彼らよりも活動歴が長いグループも多いが、YouTubeでダンス動画やライブ動画が公開されている程度だ。遡れば、Jr.時代に絶大な人気を誇っていたSixTONESでも、結成から3年経ってようやくミュージックビデオが制作された。

 今回のミュージックビデオ公開について、IMPACTorsファンはネットで「グループ名が最近付いたのにMV公開されるってすごすぎ」「こんなに早くYouTubeでフルで見れるなんて本当に夢みたい」「この勢いでデビューしてほしい」と感激の声を上げている。だが、ジャニーズJr.内の他グループのファンからは「HiHi Jetsか数字が取れるなにわが普通先じゃないの?」「もちろん人気あるのわかるけどさ、先輩たちがMVもらってないのになんで末っ子がMVもらってんの」と怒りの声が飛び交っている。

 さらに、昨年末にはYouTubeチャンネルの特別企画として、少年忍者、Travis Japan、7 MEN 侍、美 少年、HiHi Jetsの5組が『全グループ対抗運動能力テスト』を行い、優勝したHiHi Jetsが“MV撮影権”を獲得していたはず。それにも関わらず、HiHi Jetsよりも先にIMPACTorsのMVが先に公開されたため「一向にHiHiのMVが配信されないのにIMPACTorsの新しいフルのMVが配信されててさすがにキレそう」と憤りをあらわにしているファンもいる。

 ちなみにIMPACTorsはジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長が演出を手掛けた『滝沢歌舞伎』に出演し、グループ名も滝沢氏が命名するなど、滝沢氏が特に目をかけているグループであると見られている。そのため、「IMPACTors達は悪くないけどまじでムカついてしまう、タキニすぎんだろ」「タキニ大炸裂だな」と今回のMV公開は滝沢氏のお気に入りを意味する“タキニ”であるがゆえだと指摘する声もある。

1 2

「IMPACTorsのMV公開に批判噴出、ジャニーズJr.の激化する“次期デビュー争い”」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。