育休取得に際して多くの女性社員が「同僚の育休との兼ね合いを考慮」、「社内で順番が決まっている」職場も

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
育休取得に際して多くの女性社員が「同僚の育休との兼ね合いを考慮」、「社内で順番が決まっている」職場もの画像1

Getty Imagesより

 PRマーケティング事業を行う株式会社ベイニッチが、育休取得経験のある女性111名を対象に、「職場での育休」についての意識調査を実施。その結果を公開しました。

 それによると、産前産後休暇を取得する際に、「同僚の産前・育児休暇との兼ね合いを考慮した」という方は回答者全体の38.8%。「多少考慮した」は20.7%でした。「あまり考慮していない」は13.5%、「考慮していない」は26.1%なので、気兼ねなく妊娠・出産に望めた女性社員も少なからずいます。

 「考慮した」「多少考慮した」理由は、「仕事のしわ寄せがどうしてもいくので」「適齢期の女性が多いから」「周りに負担をかけるから」「人間関係」「仕事の引き継ぎ」「職場の人数が少ないので」など。どれも多くの職場で“あるある”ではないでしょうか。

 しかし自分やパートナーが決めたタイミングで育児休暇を取得したいと思うかの質問には、「とても思う」53.2%、「思う」36.9%、「あまり思わない」6.3%、「思わない」2.7%、「わからない」0.9%。約9割の人は自分やパートナーが決めたタイミングでの育休取得を望んでいます。いつ誰が抜けても調整可能な職場環境を作っておくことが理想ですが、現実にはまだなかなか……というところでしょうか。

 現在の育児休暇について意見を聞いたところ(複数回答)、「職場で理解されにくい」39.6%が最多、次いで「もっと長く取得したい」36.9%、「復職しにくい」35.1%、「パートナーにも取得してほしい」35.1%。「出世・キャリアに支障が出る」33.3%、「社内で順番が決まっている」18.9%という声も一定数ありました。妊娠は予定通りにできるとは限らず、出産もトラブルに見舞われる可能性はあるものですが、「社内で順番が決まっている」とは……。

 出産当事者ではないパートナーの育休についてはどうでしょうか。「パートナーに育児休暇をとってほしいと相談した」という回答者は40.5%。「相談した」という回答者(n=45)のうち、実際にパートナーが育休を取得したという方は77.8%でした。

 パートナーに育休取得の依頼を「していない」理由は(自由回答、n=56)、「無理だと諦めていたから」「本人も周囲も取得を認めないのがわかりきっていた」「配偶者の給与に響くから」「育児に対しては戦力外だと思うから」「普通の中小企業に勤めてたら男性が育児休暇はやっぱり取れないのが普通だから」「会社で肩身の狭い思いをさせそうだから」といった声が挙がりました。「取らないものだと思っていたから」「そんな選択肢考えてもなかった」との声もあります。

 今後もし出産をする際に、パートナーにも育児休暇をとってほしいと思うかを尋ねたところ、「とても思う」41.5%、「思う」30.6%と、約7割が次に出産するならばパートナーの育休取得を望んでいるようです。

 株式会社ベイニッチでは1月27日に、オンラインイベント「【SNSでも話題】ドラマ逃げ恥SPにみる!企業が取り組むSDGs 〜これからの仕事と育児〜」を開催します。実際に仕事と育児を両立している方や、企業でSDGsの取り組みを推進している方を呼び、「企業が取り組むこれからのSDGs」「これからの仕事と育児」にスポットを当て、理解を深めていきます。

▼SDGsオンラインイベント 「【SNSでも話題】ドラマ逃げ恥SPにみる!企業が取り組むSDGs 〜これからの仕事と育児〜」開催概要
日時:1月27日(水)13:00〜14:30
会場:オンライン(Zoom)
主催:株式会社ベイニッチ
協力:株式会社ミライフ、株式会社明日香、株式会社ヴィエリス
費用:無料(事前登録制)
申込URL:https://www.baynich.com/sdgs-event2
登壇者:早稲田大学招聘研究員 二宮朋子氏、株式会社ミライフ 佐藤雄佑氏、株式会社 明日香 経営企画・人事本部/事業企画・人財開発室室長 末廣剛氏、株式会社ヴィエリス SDGs推進室室長 山脇有希子氏、株式会社ベイニッチ取締役 競仁志氏

▼調査概要
「職場での育休」に関する意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年1月5日〜1月7日
有効回答:育休を取得した経験がある女性111名

「育休取得に際して多くの女性社員が「同僚の育休との兼ね合いを考慮」、「社内で順番が決まっている」職場も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。