渡部建、TBSは出禁状態か。日テレ「5月復帰」にも反発必至

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 12月26日放送回のエンディングでは、佐藤栞による「よいお年を〜」との挨拶とともにCG処理された色とりどりの風船が画面を飛び交う演出があった。そのうちのひとつにはよく見ると渡部の顔が描かれていた。そして、渡部の顔がついた赤い風船だけが最後に破裂したのだ。

 これに気づいた視聴者からは「胸くそ悪い」「いい大人がやることではない」といった批判が飛び交った。渡部の自分勝手なスキャンダルで『王様のブランチ』スタッフは大迷惑を被っており、その怒りは今なお冷めやらないということだろうか。あからさまな演出が、もはやTBSは出禁状態であることを示しているのかもしれない。

 もうひとつ、渡部の復帰に際しては松本人志との関係悪化問題もある。松本は渡部の会見が始まる約1時間前に、<あえて会見の前に。。。オレと渡部の共演は当分無いと思うよ〜>と意味深にツイート。まるで渡部を牽制するかのような投稿であった。

 『笑ってはいけない』出演への批判は渡部だけのせいではなく、性急に出演を決めた人力舎や日本テレビの問題でもあるわけだが、業界において強い権力をもつ松本との関係悪化は多くの芸人が避けたいところだろう。

 渡部においてもスキャンダルを起こした後、もう一度チャレンジする機会を用意することは大切なことだ。再起の機会すら与えられずにこのまま芸能界から排除されれば、「一度失敗すれば人生終了」かのようなリスキーな価値観を肯定してしまう。

 ただ、一方で、「芸能界、テレビを仕事場にしなくてもいいのではないか」「別の仕事で再起すればいい」という意見もわかる。芸能界やテレビで活躍しなくても人生が終わるわけではない。

 時間が経てば自動的に視聴者から渡部への嫌悪感が薄れるというものでもなく、5月に復帰できるかもわからないうえ、以前と同じ賢く清潔感のある芸人というキャラクターでの出演はまず成立しない。キャラと行動のギャップがあまりにも大きすぎる。現在48歳の渡部だが、今後はどのような仕事を選んでいくのだろうか。

1 2

「渡部建、TBSは出禁状態か。日テレ「5月復帰」にも反発必至」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。