「Sexy Zoneは5人」、ジャニー喜多川へ直談判した中居正広の粋な行動

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
「Sexy Zoneは5人」、ジャニー喜多川へ直談判した中居正広の粋な行動の画像1

Sexy Zone

 Sexy Zoneの中島健人が、ラジオ番組を通して休養中のマリウス葉にエールを送った。

 マリウスは2020年12月に処方薬の過剰服用で緊急搬送されたと報じられており、ジャニーズ事務所は仕事と学業の両立が本人のプレッシャーになっていたとしてマリウスの芸能活動休止を発表している。

 Sexy Zoneは同年8月に突発性パニック障害の療養のため2018年から活動を休んでいた松島聡が戻り、久しぶりに5人揃っての活動ができるようになったばかりだった。だが、松島不在の間、マリウスも気を張っていたのかもしれない。メンバーもファンも、マリウスがゆっくり心身を休めて復活することを望んでいる。

 1月25日放送『Sexy ZoneのQrzone』(文化放送)でパーソナリティーを務めた中島は、ファンからのメールに答えるかたちでマリウスにこんなメッセージを送っている。

<マリウスのことありますけれども、まずはやっぱり心の健康なのかな、と。ヘルシーファーストというか。まずそこでしっかりとね、マリウスらしく心の元気・心の栄養をしっかりと蓄えて、養っていただいて>
<刀も研ぐ時間って必要じゃないですか。人生の中で刃を抜くときもありますけれども、マリウスもSexy Zoneも刀を研いでね、今年は切れ味を良くして、健康第一にがんばっていきたいと思います>

 一部ではかねてよりマリウス脱退説も流れてはいるものの、Sexy Zoneにとって「5人」という数字は重要な意味をもつ。1月23日にオンラインで行われたファンミーティングでも、彼らは5人での活動をジャニー喜多川氏に直談判してくれた中居正広に感謝の言葉を述べていたという。

 Sexy Zoneは2014年から2015年にかけて、菊池風磨、佐藤勝利、中島健人の3人体制となり、松島聡はジャニーズJr.の松倉海斗と松田元太と3人で「Sexy 松」、マリウス葉は当時ジャニーズJr.だった神宮寺勇太と岩橋玄樹(現在はKing & Prince)と「Sexy Boyz」という弟分ユニットを組んで活動していた。

 その期間、菊池・佐藤・中島の3人と松島・マリウスは、CDジャケットの写り方や衣装などで傍目にも明らかな格差があった。2015年放送『音楽の日』(TBS系)では、中島、菊池、佐藤が煌びやかな衣装を着ている一方、マリウスと松島はバックダンサーとほぼ同じ格好。この時、司会の中居は<疲れた?><君たち衣装違うね、どうした?>と2人に話しかけている。

「今回のファンミーティングのMCで、中居くんがその後、ジャニー氏と直接話して5人態勢に戻すよう進言してくれたことが明かされたんです。Sexy Zoneが『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際にジャニー氏も楽屋に来ていたそうで、別番組の収録でテレ朝に来ていた中居くんが電撃訪問。Sexy Zoneのメンバーを楽屋の外に出して、ジャニー氏に直接、グループのあり方を変えるように話してくれたそうです」(芸能記者)

 これがきっかけかは分からないが、Sexy Zoneは5人体制に戻った。その後も中居はSexy Zoneのことを気にかけていたようで、松島が復帰後に挨拶に行くと「4人の方が良かったなあ」と冗談を言われたという。いかにも中居らしい。

Sexy Zoneは「10周年」で終わりではない

 Sexy Zoneは今年がグループ結成・デビューの10周年にあたる記念イヤーだが、中島はなかなか5人が揃わないことにも焦ってはいないようだ。前出『Sexy ZoneのQrzone』で中島はこのように話している。

<僕らが一生懸命ダンスだったり歌だったり、パフォーマンスをする姿が、マリウスはじめSexy Lovers(注:Sexy Zoneファンの総称)、僕らのことを知らない方々にたくさんのエネルギーだったり元気を届けられると思っていますので、いま目の前にあることをしっかりやるべき、そして前進あるのみだというふうに思ってます>

 このように中島が<いま目の前にあることをしっかりやるべき><前進あるのみだというふうに思ってます>と地に足をつけた考え方をできるのは、彼らが「10周年」のその先を見ているからかもしれない。

 昨年12月放送『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(フジテレビ系)では、菊池が<無理やり5人でやるのは違う気がする。だから、祈るしかないんです。『頼む。どうかみんなの気持ちが、このまま20周年にいってくれ』って。5人で20周年を迎える姿を見たいですね>と話していた。

 20周年を見たい気持ちはファンももちろん同じだろう。マリウスや松島だけでなく、他のメンバーも健康を意識しながら、いっそう魅力的なグループになって息の長い活動をしてほしい。

「「Sexy Zoneは5人」、ジャニー喜多川へ直談判した中居正広の粋な行動」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。