嵐・二宮和也と元SMAP・草なぎ剛が共演へ…日本アカデミー授賞式に注目

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

二宮和也と草なぎ剛

 1月27日に「第44回日本アカデミー賞」の優秀主演男優賞が発表され、二宮和也と草なぎ剛が選ばれたことが“ジャニーズVS元ジャニーズの対決”だと話題になっている。

 二宮は『浅田家!』、草なぎは『ミッドナイトスワン』で主演を務めた。2人の他には、『罪の声』主演の小栗旬、『Fukushima 50』主演の佐藤浩市、『糸』主演の菅田将暉が優秀主演男優賞に選ばれている。

 最優秀賞が発表されるのは3月19日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われる授賞式にて。ネット上では、ジャニーズ事務所を退所した草なぎと、嵐の活動を休止中の現役ジャニーズ二宮が、授賞式で同じ壇上に上がるのか否かに注目が集まっている。

 同時に、「草なぎ剛が選ばれるのはジャニーズ事務所が許さないと思う」という意見も少なくない。日本アカデミー賞を「ジャニーズに乗っ取られた賞」と揶揄する向きもあるが、それは2016年に最優秀主演男優賞を獲得した二宮和也の前代未聞のスピーチから来ている。

二宮和也はジャニーズの先輩と幹部に感謝

 二宮和也は2016年に山田洋次監督作品『母と暮せば』で、日本アカデミー最優秀主演男優賞を獲得している。『母と暮せば』は戦後を生きる母(吉永小百合)の元に長崎の原爆によって亡くなった息子(二宮)が幽霊となって戻ってくる物語だ。

 しかしマイクの前に立った二宮は、山田監督や吉永への感謝や、映画で訴えた社会的メッセージについては一切触れず、前年に最優秀主演男優賞を受賞していたV6の岡田准一、そしてジャニーズ事務所の幹部に向け謝辞を述べたのであった。

<もう、ありがとうございます。昨年僕の先輩である岡田准一くんがこの賞をいただきまして、すごくうれしくて、家で「すごいいい酒だなあ」と思って、飲みながら見せていただきました。でも、飲んでいくうちに悔しくて。「俺も欲しいな」という風に、だんだん思ってきたときに、会ったのかな、岡田くんと。そのときに、「次はお前だから」と言っていただきました。
そのときは、全然自分の中では、そこまでピントがあっていなかったですし、ここに立つということは思っていませんでしたけど、すごくうれしいですし、「とったな」と思います。2年連続で、僕が先輩の次にこれをいただくのは、すごくうれしいですし、この姿を、まあ嵐の人たちも絶対見てくれてると思いますし、喜んでくれてると思います>

<そしてジャニーさんとメリーさんとジュリーさんと、今までずっと迷惑をかけてきた人たちに、これでちょっとは恩返しができたかなと思うと、すごくありがたく、また頑張っていこうと思っています。今日はすごくいい酒が飲めそうだなと。岡田くんに自慢します。本当にありがとうございました>

 このスピーチの違和感は大きく、ネットでは「ジャニーズの幹部に言わされてるの?」「事務所の幹部をヨイショする場ではない」「ジャニーズは二宮の最優秀主演男優賞を金で買ったのでは」などと憶測を呼び大炎上。

 また、この年に最優秀監督賞に選ばれた『海街diary』の是枝裕和監督が、<アメリカ本国も、アカデミー賞でいろんな問題を受けていましたが、このイベントも、日本の映画人がみんなで祝えるイベントになるには、まだまだいろんな改革をしなければいけないところがいっぱいあります>と、日本アカデミー賞に公平性がないことを仄めかすような発言をしたことも、炎上を後押しした。

 こうした経緯から、草なぎの受賞はまずあり得ないと見る向きが強いが、とはいえ蓋を開けてみなければわからない。草なぎ剛は2017年にジャニーズ事務所を退所して以降、NHK以外の地上波テレビへの出演が激減。元SMAPの中居正広や木村拓哉とも、現役ジャニーズとも共演はなく、おそらく日テレ『金曜ロードショー』枠で中継されるであろう授賞式で二宮と草なぎが共に登場するか否かも、注目されるだろう。

「嵐・二宮和也と元SMAP・草なぎ剛が共演へ…日本アカデミー授賞式に注目」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。