整形ダウンタイムを惜しげもなく晒すYouTuberたち。美容整形は「是か非か」大ゲンカも勃発

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 YouTubeの人気コンテンツの1つに「整形の過程を見せる」というものがある。「整形」で検索すると、手術直後の顔がパンパンに腫れた写真や、どす黒く変色した腕、脂肪を取っている手術中の様子など、思わず目を覆いたくなるほどグロテスクな映像も飛び込んでくる。

 1月19日に『私の可愛い顔を返してください』というタイトルで、キャバクラ嬢の桜井野の花がダウンタイム中の顔を公開。きれいになるまでの過程としてのダウンタイムなので、タイトルに反して本人に悲壮感はまったくないが、コメント欄には彼女を心配する声が大量に書き込まれている。

「本人以外のほとんどの人が、これ以上の整形を止めた方が良いと思ってるはず。コメントで言われてもやめないだろうし、近くの人が本気で止めてあげないとダメだと思う」
「歳とったら、ずっとダウンタイムの顔みたいになるよ。もうやめとき」
「もう完全依存性だなあ 整形悪いことじゃないけどやりすぎるとどんどん変な顔になるよ。整形してるときは不自然さに気付かないから時間たったとき過去の写真みて驚いたって知人が言ってたよ」

 本人は「整形して自分に自信が持てた!」と喜んでいるのに、視聴者たちは怖いもの見たさで整形手術の実況中継動画を見ては「やめたほうがいい」とコメントする。そうしたコメントが並ぶのは、今なお美容整形を後ろめたいものとする意識がどこかにあるからでもあるし、「最終的にどんな顔になるのかは、誰もわからない」という怖さからでもあるだろう。整形して美しくなっても、人間の肉体は傷を修復して元の状態に戻ろうとする。加齢も当然ある。何をもって「最終形」とするかも、わからないのである。決められるのは本人だけだ。

 整形手術の是非をめぐり、ネット掲示板「2ちゃんねる」の創設者・ひろゆき氏と、高須クリニック・院長の高須克弥氏、その三男である高須幹弥氏はSNS上で議論を繰り広げた。

 発端は、ひろゆき氏が昨年の大みそかにした生配信での発言。視聴者から寄せられた「10代のうちに美容整形をして、20代容姿端麗でいきたいです。風俗で手っ取り早く稼いで整形することは良くないと思いますか?」という質問に、ひろゆき氏は「はい、よくないと思います」と即答。「残念ながら整形をしたとしても、整形した顔になるだけですよ」「整形をしている人と結婚したいと思う人って、日本は割合低いんですよ」と、美容整形に否定的だった。

 これを受け、1月25日に美容外科医の高須幹弥氏が自身のYouTubeチャンネルで『【削除覚悟】ひろゆきを救いたい。』という動画を公開。ひろゆき氏を「整形に関してはまるでわかっていなくて、浅はかな知識で論破しようとしている」と評し、ひろゆきの「整形すると皆が整形顔になる」という発言を否定。「整形してる女子のほとんどが、自然なデザインで自然な可愛い顔、自然な美人な顔になって、でそういう自然なデザインでやった人って、まあ一般の人が見ても整形しているということに気付かないんですよ」と説明した。

 また、「整形している人と結婚したいと思う日本人は少ない」というひろゆき氏の意見についても、「もうそういう時代じゃない」とバッサリ。「今の若い女の子って、もうかなりの多数の子が整形してるんですよね」「なので、もう今さらね、整形している女子と結婚したくない、付き合いたくないなんて思う男子ってね、もう少数派ですよ」と主張した。

 すると今度はひろゆき氏もTwitterを更新して応戦。幹弥氏の動画を引用したうえで「『不細工は手術して直すべき悪いところ』という考えを広めること自体が不幸を作ってます」と直接批判した。この発言から、高須克也氏も議論に加わった。

 ひろゆき氏の一貫した主張は「美容整形はコンプレックスや恐怖を煽り不必要な手術をして金稼ぎするもので、役に立たない壺を売りつける悪徳商法」というものだ。対する高須克弥氏と幹弥氏は、「美女・イケメンの方が幸せになれるということは事実。ほとんどの人がイケメンになろうと努力している。その努力の延長線上にあるのが整形」という主張だった。

 決着はつきそうもないが、ひとつ思ったのは、美容整形と一言で言っても、医者の腕はピンキリではないだろうか。高須氏のように確かな腕の医者に手術してもらい、整形後にも自然顔になれる確率はどのくらいなのだろう。YouTubeで整形のビフォーアフターを繰り返す投稿する女性は少なくないが、視聴者はわざわざその動画を見ては「やりすぎ」「整形顔」と怖がっており、そこには前述のように「わからないから怖い」という感情がやはりあるだろう。最前線にいる高須氏の考える「整形」と、ひろゆき氏を始め視聴者たちがイメージする「整形」には大きな隔たりがあるようだ。

「整形ダウンタイムを惜しげもなく晒すYouTuberたち。美容整形は「是か非か」大ゲンカも勃発」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。