石原さとみに「コロナ隠蔽バッシング」感染芸能人が受ける誹謗中傷や差別の数々

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
石原さとみに「コロナ隠蔽バッシング」感染芸能人が受ける誹謗中傷や差別の数々の画像1

Getty Imagesより

 俳優の石原さとみが新型コロナウイルスに感染していたことを公表した。石原は1月中旬に受けたPCR検査で陽性と判明。症状はなく自宅で療養しており、今週末に復帰する予定だという。

 このタイミングで発表したのは、2月4日に発売された「女性セブン」(小学館)の記事が理由だろう。同誌によると、石原は新たにクランクインしたドラマのために受けたPCR検査で陽性とわかり、ドラマは石原が登場しないシーンから撮影が始められたそうだ。芸能界には、公になっている出演番組や舞台などを欠席しない場合は感染を発表しなくてもよいというルールがあるといい、石原はこれに該当するため公表を控えたようだ。

コロナ感染芸能人に対しての誹謗中傷や差別

 週刊誌で報じられてからの公表に、ネット上では「陽性とわかった時点で公表すべきだった」「バレてからだとイメージがよくない」「隠ぺいしようとしていた」など石原へのバッシングが勃発している。しかし芸能人とはいえ新型コロナ感染は自身の体にかかわる極めてプライベートなことだ。「芸能人でも公表する必要はない」「本人が発表してないのに週刊誌で報じるのはおかしい」「公表するのはリスクが大きい」と、石原や事務所の姿勢への擁護も少なくない。

 東京都では市中感染が広がりどこで誰がコロナに感染してもおかしくなくないが、今でも芸能人のコロナ感染公表のニュースには必ず「夜に出歩いていたから感染した」などといった憶測での誹謗中傷がついてまわる。

 また、ジャニーズグループSnow Man・宮舘涼太の場合、今年1月発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、宮舘のコロナ感染経路は夜に女性と飲み会に参加していたことだと報じて物議を醸した。Snow Manは宮舘の感染によって大晦日の『紅白歌合戦』(NHK)への参加を辞退しており、宮舘は多くのバッシングを受けたが、数日後に主婦と生活社は一転して報道内容を訂正。<『週刊女性』1月19・26日合併号にて、Snow Man宮舘涼太さんが昨年12月に女性と飲食をしたことが新型コロナウイルスに感染した原因であるという記事を掲載しましたが、そうした事実の確認はできませんでした。宮舘涼太さん及び関係者にお詫びをして、ここに訂正いたします>と謝罪した。

 コロナから復帰した後に、差別的な扱いを受けることもあるようだ。昨年9月にコロナに感染したタレントの杉浦太陽が2月1日公開の「読売新聞オンライン」のインタビューで明かしたところによると、回復後に家族のためにローストビーフを手作りしたことをブログに投稿すると、「ウイルスがうつるから料理するなよ」「そんなの食べたくない」などといったコメントがSNSに書き込まれていたそうだ。

 出演予定の番組や舞台をキャンセルせざるを得なくなるなど、仕事への影響が明らかなために公表する場合もあるが、今回の石原さとみのようにまだ正式発表前の仕事の最中であるケースは、わざわざ公表する必要がないと考えるのは自然だ。仕事関係者に伝えていたのであれば「隠蔽」というわけでもないだろう。わざわざ暴露する必要がどこにあるのだろうか。

「石原さとみに「コロナ隠蔽バッシング」感染芸能人が受ける誹謗中傷や差別の数々」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。