なにわ男子の卓越したセンスがYouTubeでも炸裂!目指すは「ヒカキン超え」

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 デビュー間近と噂される関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子が、YouTubeで動画投稿を開始し、さらにファン層を拡大している。これからYouTubeでどんなコンテンツを作っていくかを決める企画会議の模様を収めた動画では、7人が各々やりたい企画を発表しあった。

 まず高橋恭平は、SixTONES やSnow Manも実施してきた鉄板コンテンツ「ドライブ」を推す。ドライブトークはタレントたちの素の様子が見られるため、YouTubeでは人気が高い。長尾謙杜が「(運転を)任してください!」と手を挙げると、一斉に「無免許やん!」と突っ込まれる。残念なことになにわ男子のメンバーは全員、運転に自信がないor無免許なのである。

 免許を持っている藤原丈一郎も「いいけど関西でやらして……さすがに東京は運転できひん」と及び腰。車の調達もどうするのかと揉め(レンタカーではないのだろうか)、この企画はなにわ男子にはあまりピンとくるものではなかったようだ。

 次に藤原は、「バーティー系」と提案。すかさず大西流星が「人狼とかさ!」と提案すると、みんな口々に「やりたい!」「いいっすね!」と乗った。人狼ゲームは、味方になりすましたウソつき(人狼)を会話で見つけ出すルールだ。視聴者には各々の役を見せたうえで、メンバーが騙しあう表情を見てもらうのがいいのではないかという案が出た。「罰ゲームはYouTubeの中で一か月名前を変えるとかさ」「ノースリーブで収録!」と盛り上がった。ただ、これもすでに多くのタレントやYouTuberがやっている定番もの。

 大橋和也は「みんなの特技を分かち合う」、道枝駿佑は「ゴーカートレース」。西畑大吾はバレンタイン企画で、「流子を喜ばせるチョコ作り選手権」を提案。流子とは女装した大西流星のことだ。また、大西はまもなく高校を卒業する道枝と長尾の高校卒業を祝う「道長卒業式」はどうかと提示した。あどけなかった末ズがもう高校卒業だということに、大橋が「大人の階段昇ってんな」としみじみする一方で、藤原は「誰が校長やる!?」とコントする気満々。「みんなコスプレして『お母さん役』とか!」と大西も乗っかり、配役をまかされた藤原は「大吾は『隣の市長』!」「大橋は『めちゃくちゃ手を振るオカン』」と指名し、爆笑をさらった。

 続いて長尾は「さあやってまいりました!」と気合十分で「デンジャラスおにぎり」を提案した。中身の分からないデンジャラスな7個のおにぎりを用意して食べようというものだ。中にはワサビなども入っており、ロシアンルーレット的な要素が入っているという。「ここから始まってヒカキンさんもする!(のが目標)」と長尾。『なにわ男子もやってた!デンジャラスおにぎり作ってみた』というタイトルでヒカキンが動画をUPしたらすごい、と興奮し、「ヒカキンさんやって!! ヒカキンさんとやりたい!!」と大騒ぎする長尾は、「ミーハーの子供やもんな」と西畑に突っ込まれていた。

 ほかには、「なにわ男子すごろく(手作りの人生ゲーム)」「丈と恭平お誕生日会」「アスレチック」「大西流星の髪色を変えようの会」「恭平がなにわ男子の髪の毛をオシャレにカットしてみた」「絵しりとり」などがあがり、「これだけはやってみたい!」という案をメンバーで選りすぐった。可能な限り、ここで出た企画をやっていきたいという。

 1月12日に公開されたYouTube初となるなにわ男子の代表曲『ダイヤモンドスマイル』パフォーマンス動画は、すでに280万回再生(2月5日時点)と、注目度の高さを見せつけている。キラキラしたステージはもちろんだが、お笑いセンスにも定評のあるなにわ男子。YouTube参戦で、ファンとの距離もグッと縮まりそうだ。

「なにわ男子の卓越したセンスがYouTubeでも炸裂!目指すは「ヒカキン超え」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。