平野紫耀が圧倒、ジャニーズのインスタが人気ランキング化し「医療従事者の方に失礼」と批判の声

文=田口るい
【この記事のキーワード】
平野紫耀が圧倒、ジャニーズのインスタが人気ランキング化し「医療従事者の方に失礼」と批判の声の画像1

smileup_projectインスタより

 ジャニーズ事務所の社会貢献・支援活動プロジェクト「Johnny’s Smile Up!Project」が、コロナと闘う医療従事者への感謝のメッセージを公式YouTubeチャンネルとインスタグラムで公開した。医療従事者から「こちらこそありがとう」と喜ぶ声が上がっている一方、ファンの間では少々物議を醸している。

 同プロジェクトでは、14日のバレンタインにちなんで、所属タレント95人が医療従事者に感謝の気持ちを伝えた。YouTubeチャンネルでは、ジャニーズタレント一人ひとりが感謝を伝えるメッセージ動画が公開され、インスタグラムには手書きのメッセージカードを持った一人ひとりの写真が投稿されている。

 参加したのは、東山紀之、木村拓哉、TOKIO、V6、Kinki Kids、嵐、King & Prince、SixTONES、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zoneの他、かつてジャニーズJr.として活躍し、現在は振付師としての活動がメインの屋良朝幸、元光GENJIの佐藤アツヒロや内海光司、元男闘呼組でHey!Say!JUMP・岡本圭人の父でもある岡本健一など、幅広い世代のタレントが勢揃いしている。

 インスタグラムではファンがお気に入りメンバーの投稿に熱烈コメントを書き込んでいるほか、「すっぴんの人がいる」「普段のメイクがどれだけなのかわかる」などメンバーたちの素顔を楽しむファンも。

 確かに今回の写真はすっぴんと思しき状態のタレントもおり、メイクや加工による肌色補整などもしていないものが多いようだ。メンバーによっては雑誌などの掲載写真とは印象がかなり異なる。もちろん、メディアに出る以上はメイクや加工は当たり前でもあり、それが最低限に抑えられている今回の写真はある意味、貴重だろう。

 さらにこの企画で波紋を呼んでいるのが、メンバーの人気の指標を測るものとして、インスタグラムのコメント欄や「いいね!」の数を競うファンが出現していることだ。

 SNSでは、自身の推すメンバーのコメント数が「多い・少ない」で一喜一憂する声や、自身のお気に入りメンバーのコメント数を増やすべく他のファンにもコメントを書き込むように呼びかける声が見受けられ、もはや人気ランキングと化している。

 コメント欄の1位はKing & Prince・平野紫耀で、15日14時時点で2万件以上とぶっちぎりだ。「いいね!」数の1位は嵐・松本潤で、30万件以上も獲得している。いずれも上位はKing & Princeや嵐のメンバーが目立っている。

 しかし、こうした動きに一部ファンから「人気投票じゃないんだから、医療従事者の方に失礼」「コメント数とかいいねの数を争うためのプロジェクトじゃないよ。自担の気持ちを想像出来ないんだろうか」「コメント数で人気を競うという考えがすごく嫌」との反応も出ている。ジャニーズのファンは、お気に入りメンバーの知名度や人気度を上げるための努力を惜しまない傾向が強いが、企画の趣旨とあまりにもズレてしまうのは考えものだろう。

「平野紫耀が圧倒、ジャニーズのインスタが人気ランキング化し「医療従事者の方に失礼」と批判の声」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。