SixTONESとの“つながり疑惑”に元AKB48がぶっちゃけ「メリットないじゃん」

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 元AKB48・島崎遥香が13日、自身のYouTubeチャンネル「ぱるるーむ」にて、過去に炎上騒動となったジャニーズJr.との繋がりについて言及した。

 

この日、島崎はAKB48の同期で同い年の永尾まりやと、お酒を飲みながらぶっちゃけトーク。26歳までお酒をまったく飲まなかったという島崎はハイボールを1杯で酔っ払い、かつて物議を醸したジャニーズJr.との関係について自ら暴露した。

 AKB時代に島崎はPVを撮らずに帰るという前代未聞の事件を起こしたそうだが、島崎曰く、真相は「撮影してもらえなかった」「干されていただけ」。当時は2ちゃんねるがすごく流行っており、ネットでまことしやかに囁かれたありもしない出来事のせいで、運営に怒られたのだという。

「だってさあ。当時2ちゃんねるに『ジャニーズJr.の誰誰と遊んでた』って書かれて。私、その人の連絡先も知らないし、名前も知らない。ジャニーズJr.の方には申し訳ないけど、名前も知らなかったから、私。でも、それを当時は真に受ける時代だったのよ。で、怒られるわけ。わけもわからず」

「でも、そういう経験もしてよかったって思って。結果オーライですよ」

 そう言うと、島崎は赤い顔で『私立バカレア高校』(日本テレビ系)の裏話もぶっちゃけた。

 『私立バカレア高校』は2012年4月期放送の深夜ドラマで、ジャニーズJr.とAKB48がグループ単位で初共演し話題となった。深夜帯としては異例の高視聴率を記録し、映画化も果たしている。この作品に出演していたジャニーズJr.は通称「バカレア組」、現在のSixTONES(ストーンズ)である。

 ヤンチャな男子校とお嬢様女子校が統合されてしまうというストーリーで、島崎と森本慎太郎がダブル主演に抜擢された『私立バカレア高校』。島崎は当時を振り返り「(ジャニーズJr.との共演は)メリットがないじゃん」「(ジャニーズとAKBの共演は)パワーワードではあるけど、お互いのファンがいい思いをしないんじゃないかっていう……。デメリットしかないんじゃないかって当時は(思ってて)」と語った。

 AKBのファンもジャニーズのファンも、“推し”の恋愛を良くは思わない……どころか、盛大に叩くこともある。島崎曰く、ドラマ発表会見で集合写真を撮った際、ネット上で「くっつきすぎじゃね?」と叩かれたが、それもカメラマンの要望で島崎本人は「好きでくっついたわけじゃないです」とのことだった。むしろ、お互いのファンのために距離をとっていたくらいだったので、「分かっていただきたいのは、苦しいことが言えないことでもいっぱいあったってことだよね」と話した。

 しかし「メリットがない」と思っていた共演だが、『バカレア高校』を見たジャニーズファンが島崎のファンになってくれるなど、良いこともあったという。

 島崎遥香は今まで、たびたびジャニーズとの繋がりを疑われてきた。2014年11月、Sexy  Zoneの写真をInstagramの公式アカウントにアップし、その後すぐに削除していたことから、プライベートのアカウントに投稿するものを誤爆したのでは、と話題に。また、2015年にはジャニーズJr.の安井謙太郎とInstagramでやり取りしていたことが発覚し、ネットで炎上したこともある。安井がプライベートで開設したInstagramに島崎が公式アカウントでコメントしている画像がネットに流出したのだ。その画像は島崎の「子ども欲しい」というコメントに、安井が「あかーん笑」と返すなど、親密な関係をうかがわせるものだった。

 今回のぶっちゃけトークで島崎は「乃木坂のオーディションはスタイルで選んでるって言ってました、顔じゃなくて」といった他グループの内情暴露もしており、ネット上では「ぱるるがぶっちゃけキャラに覚醒した」と大盛り上がりだ。今後も、「ぱるるーむ」でお酒を飲むようなことがあれば、新たなぶっちゃけ話が飛び出すかもしれない。

「SixTONESとの“つながり疑惑”に元AKB48がぶっちゃけ「メリットないじゃん」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。