愛犬譲渡で大炎上中のGACKTが「喧嘩売りたいなら買ってやるから来いや!」漫画家・つの丸への責任転嫁も

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】
愛犬譲渡で大炎上中のGACKTが「喧嘩売りたいなら買ってやるから来いや!」漫画家・つの丸への責任転嫁もの画像1

GACKTのYouTubeより

 タレントのGACKTが愛犬をサプライズで里子に出すというYouTube動画を美談のように投稿し、「ペットはモノじゃない」と4万件近い批判が寄せられ大炎上した。GACKTは2月14日、ニコニコ生放送で騒動について言及したが、これが火に油を注いでいる。

 問題の動画は約8分で、愛犬を亡くしたポーカーの師匠を元気づけるため、自らが5カ月ほど育てた愛犬・フェンディ」を里子として渡すというもの。GACKTは「元気になってもらいたいと思ってサプライズで連れてきました」と言い、落涙する奥さんに「(犬を)亡くした、失った辛さ、ボクもよく分かるので、また新しいパートナーと共に、思い出と一緒に前に進んでください」「僕にできることは少ないですが、この子にできることはたくさんあると思うので」と、フェンディを渡した。

 全編にわたって切なげなBGMが流れ、美談としてまとめられた動画だったが、視聴者からは「自分の子供を他人にあげるようなもの。ペットを飼う資格なし」「犬にも心があることがわかっているのか」と厳しい批判が相次いだ。動画の冒頭で一生懸命GACKTの顎を舐めていたフェンディが、知らない家に連れてこられて動揺しているとの指摘もあった。

 これを受け、GACKTはYouTubeではなくなぜかニコニコ生放送でこの事態に言及。

「僕が炎上させているのではなく、勝手にみんなが火をくべるのです」
「周りがどんどんガソリンをまき散らすもので、まるで僕が燃やしているように思うわけですよ」

 そう言って苦笑したGACKTは、子犬を飼い始めた直後に知人にペットロスの話を聞き、知人夫婦に渡せる段階になるまでGACKTが家でしつけなどをしていただけだと弁明。また、愛犬を亡くした奥さんが立ち直れないと嘆く師匠に「ペットロス解消には新しい犬を飼うしかない。新しい思い出を作っていくしかないですよ」とアドバイスしたが、奥さんはもう自分の手では飼えないと言っているため、「僕から無理やりもらったと言ったらどうですか」と提案したのだという。

 サプライズで犬を渡したという動画になっているが、すぐに合意に至ったわけではない、とも強調。最初に打診したところ、向こうも「ぜひ」ということだったので、引き渡しのときまで自身が責任を持ってしつけるために預かっていたと繰り返し説明した。ただ、そうであれば「愛犬を里子に」という動画の表現は視聴者に対して不誠実でもある。

 「自分の子供を他人にやるのか」という批判の声については、なにが間違っているかは言えないとしたうえで、「(愛犬を)モノ扱いして、他人に『はいどうぞ』と渡しているわけではない」「もちろん(愛犬と)別れるのはつらいけど、それ以上に、僕のお世話になっている人が苦しんで生活している姿を見るのはもっとつらいわけじゃん」と心境を告白。

 さらにGACKTは、この炎上事件にはある漫画家が関わっていると言い出した。その漫画家に「これを美談と思っていることこそが恐怖」とツイートされたことがきっかけで、多くの批判が寄せられたというのだ。これについて、内情も、知人男性との経緯も、何も知らないでそう決めつけるのはどうかとGACKTは不満を口にした。

 ちなみにその漫画家とは、『みどりのマキバオー』(集英社)で有名な、つの丸氏だ。

 GACKTは「みんなそれぞれのエゴがあるので言いたいことはわかる」「僕のエゴは、自分の師匠のご家族が幸せになってもらえれば僕は幸いだ(ということ)」と落ち着いた様子で訴えたが、動物愛護団体から激しく責められたことを思い出して腹が立ったのかヒートアップし、「人んちの庭で騒ぐな」「喧嘩売りたいなら買ってやるから来いや!」と怒りを見せた。

 しかし、あの8分間の動画には「突然、大阪を訪れ、サプライズで愛犬を渡す」という姿しか映されていない。知人男性も「誕生日プレゼントやって」などと言っていたことから、“誤解”するユーザーが多いのも仕方ないのではないだろうか。もし件の動画でGACKTが「何度も話し合った結果、譲渡することに決めた」「譲渡の日までしつけするために預かっている」などと詳細を語っていれば、また評価は変わったかもしれない。

 ちなみに、動物愛護に熱意を注ぐ女優の杉本彩は「デイリー新潮」の取材に答える形で、「(動画に)バッド評価が多かったことに、ほっとしました」「GACKTさんの取った行動は理解し難いと思いました。ペットを飼っていない人でも、我が子をいきなり他人にあげないですよね。ペットも同じです」と語っている。

 フェンディの里親になった人物は、2月15日にTwitterで事態のいきさつを報告。2020年5月に愛犬を亡くし、8月頃にGACKTと会食して譲渡の話が出たこと。10月にGACKTが大阪までフェンディを連れてきてくれたこと。その後、フェンディのおかげで夢のような日々を過ごしていることなどが明かされた。里親になった知人夫婦はGACKTに感謝しているとのことだった。

「愛犬譲渡で大炎上中のGACKTが「喧嘩売りたいなら買ってやるから来いや!」漫画家・つの丸への責任転嫁も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。