てんちむの信用失墜、脱毛サロン広告炎上の謝罪動画が「コメント承認制」でまた物議

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 人気YouTuberてんちむの脱毛サロン広告の問題をめぐる炎上が、しつこく続いている。18日にYouTube界隈のゴシッパー・コレコレは新たな火種を投下したのだ。

 事の発端はてんちむがInstagramのストーリーにアップした脱毛サロンのPRだった。てんちむは「9カ月0円で安心」と書いていたが、実際には9カ月後に請求額42万円を“後払い”するものであり、タダで脱毛ができるわけではない。これをコレコレが「悪質だ」と指摘すると、てんちむは「9カ月0円で脱毛ができるとは思ってないですよ」と開き直り、9カ月間無料で脱毛サロンに通えるわけがないので、騙される人はいないと思ったと主張。

 すると、このときの態度が悪いと大炎上。てんちむが釈明動画で「代理店の言うとおりにしただけだけど、言葉足らずだった」と話したことも、「言葉足らずというのが問題じゃない。視聴者をカモにしているのがありえない」「なんで自分だけ取り上げられるの?って思ってる時点で反省してない」と視聴者の反発を買ってさらなる炎上状態に発展した。

 この炎上からてんちむを救おうと、彼女と親交のあるファッション通販サイト・ロコンドの田中裕輔社長が、Twitterを更新したが、これも火に油を注いだ。田中社長は渋谷で件の脱毛サロンのトラック広告を見かけたことを報告し、てんちむに対し反省を促したと明かしつつ、PRを請け負っただけのてんちむが叩かれているのはおかしいのではないかと擁護。また、コレコレを名指して「無断でツイートを使用した」と批判した。

 コレコレは田中社長に応戦し、過去に田中社長がTwitterでバラエティ番組の無断使用画像を大量に投稿していると指摘。その翌日、田中社長はコレコレへのアンサーとしてYouTube動画を更新し、ツイートを使われて不快だったこと、多くの誹謗中傷が寄せられて恐怖を感じたことを訴えたうえで、てんちむにばかり批判が集中することに疑問を呈し、昨年5月に急逝した女子プロレスラーの木村花さんを引き合いに出し、誹謗中傷をやめるように呼び掛けた。

 それでもなお炎上は広がるばかりだった。なぜなら、「誹謗中傷じゃなくて、モテフィットの事件からなにも反省していないのが問題なんだ!」「木村花さん関係ないだろ!」「木村花さんの死をこういう風に利用するなんて最低最悪すぎる」などの声が相次いだからだ。結局、田中社長はYouTubeのコメント欄を封鎖し、動画も削除。ツイートも削除した。

 その後、てんちむは1度目の謝罪動画を削除し、緊急インスタライブで「自分が愚かだったことに気付いた」と謝罪。さらにYouTubeへ2度目の謝罪動画を出した。田中社長の説教を受けてようやく問題に気づいたと言い、「すべては今に至るまで気づくことのできなかった私のモラルや感覚のずれにあったのだと痛感しています」「皆さまがいなければ何も気づけず、腐った感覚のままだった」と謝罪している。

 これにてようやく、騒動も収束するかと思われた。ところが。てんちむがYouTubeのコメント欄を承認制にしており、自分に都合の良いコメントだけを承認しているとコレコレが指摘したものだから、再び炎上が加速。コレコレは「反省してるんですか? 気づいたんじゃないんですか?」「これを承認するってことは気づいてないような気がするんですけど」と糾弾している。てんちむ側が承認したコメントは以下のようなものだ。

「てんちむは悪くないよ。あれはキャッチコピー。あれで脱毛が無料と思うおバカさんが脱毛サロンに行っても受付けで、後払いシステムであることや、支払いプランを作成するので気づくでしょ。大物ユーチューバーにちょっとでもネタがあれば煽り運転するコレコレさんとそれに乗っかる子供たちでユーチューバーは本当に大変だと思う。大げさだと思うよ、本当に。鋼のメンタルで乗り越えてね」

「てんちむのことじゃなくてもコレリス(コレコレのリスナー)の民度の低さにびっくりする(笑)」

 これにより、主にTwitter上でてんちむへの批判が噴出。「印象操作がひどすぎて、本当に反省してるのかなって思っちゃう。自分に都合の悪いコメントは見れないようにするって、注意聞く気全然ないやん笑」「企業側が悪いとか、応援してます大好きってコメントは承認され、都合悪いコメントは承認されない」。豊胸騒動で失った信用を、その後の奮闘で取り戻したてんちむだが、またも視聴者の信頼を失ってしまうのだろうか。

「てんちむの信用失墜、脱毛サロン広告炎上の謝罪動画が「コメント承認制」でまた物議」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。