ココリコ遠藤「風呂でおしっこかけられた」ロンブー淳の傍若無人ぶり明かす

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】
この投稿をInstagramで見る

田村淳(@atsushilb)がシェアした投稿

 お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造が自身のYouTubeチャンネルを更新。かつて住んでいた家を巡りながら、芸人仲間との秘話を語った。

 上京してはじめて住んだのは久我山(杉並区)のハイツ。遠藤の部屋には風呂があったが、ネタ合わせのため近所に引っ越してきた相方の田中直樹は、家賃3万6千円で風呂なし・共同トイレの家に住んでいたという。100円で8分使えるコインシャワーが近くにあったが、当時100円も貴重だった田中は、なんとか8分で全身洗おうと奮闘していたらしい。まず自宅で髪をシャンプーで泡立て、そのまま外に出て、商店街でばったり出会った遠藤を驚かせたという。田中は「100円ですべて洗いたいから、家の水道でちょろちょろっと濡らしてシャンプーで泡立てながら家を出て、着いたらすぐ流せる状態で(コインシャワーにきた)」そうだ。

 当時まだまだ駆け出しの芸人で極貧だったが、嬉しいこともあったという。田中がネタを作っているとき、遠藤が外に出てコンビニで雑誌を立ち読みしていると、「日経エンタテインメント」にスピッツの取材記事が載っており、「最近好きなお笑い芸人はいますか?」という質問に「ココリコっていうのが面白いな」と書いてあったそうだ。嬉しさのあまり家に駆け戻り、「スピッツさん、俺らのこと知ってるで!!」「マジィ!?」と大騒ぎしたと遠藤は懐かしそうに語った。

 二軒目の家は、お笑いトリオ・インパクト(現在は解散)の増本庄一郎のつながりで借りることができたマンション、通称ベティハウスだ。このアパートには極楽とんぼの加藤浩次も隣同士で住んでいた時期がある。この頃に、加藤は遠藤に女性を盗られそうになったという話を2015年6月13日放送のラジオ番組『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(MBSラジオ)で暴露している。

 また、ロンドンブーツの淳が泊まりに来たのもこのマンションだった。淳は後輩だというのに、布団もなにも畳まず、タクシーを使っても遠藤がお金を払っているのに淳はお礼も言わずに平然と歩きだしたという。「この子なんにも知らんのやなあ……」と思ったが、何をしても遠藤は怒らなかった。淳が「どこまで怒らせずに傍若無人な振る舞いをできるのか」を試したのかどうかは不明だが、最終的に淳は、遠藤におしっこをかけたりもしたそうだ。

 それは2人で温泉に行った際、遠藤がシャワーを浴びていると、後ろから液体をかけられている感覚が。「おかしい、なんやろう?」と振り返ったら、淳はゲラゲラ笑いながら遠藤の体におしっこをかけていたという。さすがにそのときは怒ったそうだが、「淳……おしっこって……人にかけたらあかんのやで」と言うに留めていたという遠藤。スタッフに「優しすぎますよ!」とツッコまれていた。

 遠藤と淳は極楽とんぼ・山本圭一と親しい山本軍団だが、加藤との思い出もいっぱいある。非常に暴力的なエピソードも多い加藤だが、今や朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)のメインMC。「加藤さんの話を聞いてると、今朝のテレビに出てんのとか信じられないっすもんね」と言うスタッフに、遠藤も同意し、「本当にもうもう……。振り幅やと思ってるから。これだけやんちゃだったら、同じだけ真面目にできますよっていう。こっち側(やんちゃ)ばっかりの時代でしたから。それを経てみんなこっち側(真面目)に振り子が振れてますよね」。確かに加藤だけでなく、淳も今や真面目なキャラクターとなった。

 動画のコメント欄には「懐かしいですよね。昔住んでた所に行ってみたくなりました」「昔住んでた家を訪ねてみると、色々な思い出があるんですね 色々話し聞けて良かったですー 楽しかったです♪」と温かいコメントが並んだ。今ではすっかり人気者になり、お金持ちになった遠藤だが、初心を思い出すためにもう一回ここに住もうかな、と話していた。さすがに家族持ちになった今ではワンルームはきついだろうとスタッフは笑っていた。

「ココリコ遠藤「風呂でおしっこかけられた」ロンブー淳の傍若無人ぶり明かす」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。