福原愛、江宏傑が離婚危機を否定もツイッターで意味深発言「今からでも遅くないかな」

文=田口るい
【この記事のキーワード】

 2月18日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で、夫で台湾出身の卓球選手・江宏傑と“週末婚”状態であることや、今後日本に拠点を移すことを考えていると明かし、「離婚するのでは」とささやかれている卓球女子元日本代表の福原愛。「女性セブン」(小学館)2021年3月11日号では、福原と江の夫婦関係について詳細に伝えている。

 「女性セブン」では、スポーツ紙記者がこのところ江が卓球選手としてスランプ状態であることから<愛さんは仕事が思うようにいかない夫への気遣いに疲弊し、一方で江選手も妻に弱みを見せられず、ふたりの溝は深いものに。夫婦の会話はほとんどない状態>と説明。また、福原は1年ほど前から日本に拠点を移す準備をしており、以前は雑誌などで結婚生活や育児について明かしていた福原が<昨年あたりから、『競技以外の話はできない』と取材を断ることが増えた>という卓球関係者の話も掲載されている。

 さらに、福原は中国版Twitterとも呼ばれるSNS「微博」で夫に関して多くの投稿をしていたものの、昨年から激減。また、結婚指輪を外している写真が投稿されていたという。

 すでに台湾でも離婚危機は噂されていたようで、福原の夫である江は、離婚危機について否定している。台湾メディアの「新頭殻newtalk」によると、江は25日に「オールスターゲーム」第2シーズンの記者会見に出席。そこで<妻は東京オリンピック関連のことで日本に戻っています。子どもはママにとても会いたがっていて、毎日ビデオ通話をしています。妻は3月に台湾に戻ってきます>と説明した。

 離婚説が流れていることについて江は、<私達のことなので、自分達がわかっていればそれでいいと思います。多くは考えていません>と話しており、福原が子どもが幼稚園に入るタイミングで日本に拠点を移すことについては<この部分はまだ2人で話し合わないといけない><(もしそうなった場合は)夫婦がそれぞれ違う方向に向かって努力をする。私達が卓球選手であるのと同じように。これは私達共通の目標です>と明かしたという。

 一方の福原は21日、5年ぶりに茶髪にしたことを報告。2月10日には「株式会社omusubi」の設立を発表したばかりでもあり、心機一転、新たな環境で張り切っているようにも見える。また、21日のツイッターでは、姪と型抜きをして遊んだことを明かしつつ、意味深なコメントをしていた。

<駄菓子を食べながら私には卓球以外の幼少期があまりなかったのかなと思いました、、人とは少し違う人生を歩んできて経験できたことも、逆に欠けていた部分も引退してからより感じるようになりました。今からでも遅くないかな、補いたいなと思った1日でした>

 福原は実業家としてのスタートを切ったばかり。彼女自身にとってはもちろん、家族にとっても大きな変化が訪れることだろう。江いわく、3月には福原も台湾に戻るということだが、夫婦関係は変化するのだろうか。

「福原愛、江宏傑が離婚危機を否定もツイッターで意味深発言「今からでも遅くないかな」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。