さんこいち・ほりえりくが解散の本当の理由を「適応障害」と明かし、やっぴ&古川優香への批判再燃

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 3人組YouTuberグループ「さんこいち」の解散をめぐり、いまだ炎上状態が続く中、YouTubeを引退したほりえりくがスーツ姿で登場。自身のYouTubeチャンネルでさんこいち解散の真相を改めて説明した。

 炎上の発端は、2021年1月1日に公開された動画「さんこいち解散します。」だ。この動画でさんこいちは1月31日をもって活動を終了すると語ったのだが、メンバーのほりえりくが真剣な面持ちで胸中を語る中、古川優香とやっぴが真面目な雰囲気を茶化すような言い方をしたことにファンは激怒。「古川優香の態度が酷すぎる」「ファンにとっては重要なことなのになんで2人はヘラヘラしてるの?」「古川とやっぴは調子に乗ってる」「りっくんがかわいそう」といった非難の声が飛んだ。

 さらに、この動画の2日後にほりえりくがYouTubeからの引退を発表。そしてグループが解散した1月31日の深夜、ほりえりくがツイキャスで涙ながらに「ほんと言うとまだやめたくない」と吐露したことで、「ほりえりくはYouTubeを辞めたくないのに、やっぴと古川優香が自由になりたいために解散を強行した」というイメージが独り歩きしてしまった。やっぴと古川優香のイメージは最悪なものとなり、さんこいち解散のあと、2人が出す動画は軒並み低評価の嵐となっていた。

 その後、古川優香が22日、自身のYouTubeチャンネルで「解散を言い出したのはほりえりく」だと明かし、ネット上はまたもやざわついた。

 このような件を受け、ほりえりくの元にはたくさんのファンから「解散の理由をちゃんと明かしてほしい」という声が届いたようだ。

 まず、ほりえりくは自身の口で解散の経緯を語らなかったこと、すでにYouTubeを引退した身でありながら動画に出たことを謝罪すると、解散に至る経緯を話し出した。

 ほりえりくは小学3年生と高校2年生のときに精神病になった経験があるという。そのときに感じた鬱状態と似たものを感じ、ほりえりくは昨年11月に精神科を受診。すると「うつ病の一歩手前の適応障害」と診断されたそうだ。「もうあの経験だけは絶対にしたくない」と思ったほりえりくは11月下旬に解散の意思を伝えたという。

 次に、ほりえりくはネット上で出回っている情報の間違いを1個ずつ訂正していった。

 1つ目は、企画・編集・裏方周りをすべてほりえりくが担っていたという報道。これは「企画と裏方まわり」の間違いだという。事務所に入っていなかったため、さんこいちの営業等はほりえりくと個人で雇っているマネージャーと共同で行い、編集はさんこいちを始めて半年間はほりえりく1人で行っていたが、そのあとは裏方と外注に編集を任せていたそうだ。

 2つ目は2年ほど前からほりえりくが解散の話をしだしたという報道だが、この提案をしたのは古川優香だという。古川が2年ほど前から3度、話をもちかけたそうだ。ほりえりくから解散を切り出したのは今回がはじめてだったとのこと。

 3つ目は、解散に関するツイートをほかのメンバーと事前に共有しなかった件と、「明るく撮影しよう」と提案があったという件について。ほりえりくは12月ごろからほとんど企画に関わっておらず、意見を出すと否定されていたと語った。そのため、解散にあたり、真剣に考えた真面目な動画を出したいと思ったが、否定されると思い、事前共有しなかったと話した。

 また、ツイキャスで「辞めたい」と涙ながらに語ったのは、「さんこいちを辞めたくない」というわけではなく、ほりえったー(ファン)が近くにいる環境から離れたくないという意味だったそうだ。

 ほりえりくは最後にYouTubeへの感謝を語ると、「自分ひとりが動画投稿をしていても、この界隈を盛り上げることができないと分かっています」としたうえで、だからこそ裏方としてYouTubeを盛り上げていきたいと思ったのだと引退の理由を説明した。

 現在は適応障害の症状も軽くなり、精神安定剤も服用していないとのこと。もう自分の中では踏ん切りがつき、次の道へ歩き出しているので、古川優香ややっぴへの攻撃はやめてほしいと呼びかけた。

自分が再びうつ病になってしまうんじゃないかという不安、そしてリスナーの皆さまに適応障害と発言してしまい、心配をかけたくなかったこと、そして自分の至らない精神力でここまで解散に至った理由をお話しできず、そして解散という形で視聴者さんを裏切ってしまって、本当に申し訳ございませんでした

 しかし、ほりえりくは、古川優香ややっぴへの攻撃をやめてほしいとかばっていたものの、今回の動画により視聴者は改めて古川優香とやっぴを「やばい」と思っているようだ。

 「優香ちゃんがりっくんが解散を言い出したって言って信頼取り戻そうとしてたけど、ほんとは自分が3回も解散を言い出してたってやばすぎ、、怖すぎ、、」「(意見を否定されていた、という個所について)ここすごく気にかかった、、否定されていたって…」「りっくんの体調のこともみんなわかっていたのに解散動画でりっくんが頑張って話した後に古川優香ちゃんはため息ついたんだ、、ふうん、、もうなんかいいよ、りっくんだけ幸せになって」といったコメントが付いている。

(千葉佳代)

「さんこいち・ほりえりくが解散の本当の理由を「適応障害」と明かし、やっぴ&古川優香への批判再燃」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。