Hey! Say! JUMP有岡大貴が裏の「悪い顔」を披露 「めちゃめちゃ悪いやつ」

文=柴田さとみ
【この記事のキーワード】
Hey! Say! JUMP有岡大貴が裏の「悪い顔」を披露 「めちゃめちゃ悪いやつ」の画像1

Johnny’s netより

 2021年3月2日に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で、Hey! Say! JUMP・有岡大貴が裏の“悪い顔”を披露し話題になっている。

 この日は「春の絶景ローカル線ぶらり旅」の後半が放送され、石原良純やチョコレートプラネットの2人らとともに、有岡大貴は埼玉県秩父鉄道の各駅を巡った。

 4駅目の浦山口駅からスタートした一行は、駅から徒歩23分の場所にあるという浦山ダムを目指す。途中で道に迷いそうになったり、猿の群れに遭遇したりと珍道中を繰り広げながらも、ダムの下に到着。しかし、残念ながらこの日はエレベーターが営業してなかったため、上まで登って絶景を見ることができなかった。

 そこで、その代わりに始まったのが、チョコレートプラネットの動画チャンネルの人気企画「悪い顔選手権」だった。ニュースなどで容疑者が捕まった時に流される悪い顔の映像を、「長田庄平容疑者 仲間と共謀し金塊などを盗んだ疑い」などのテロップとともに流す、というニュースでよく見る悪い顔を競うというこの企画。チョコプラの松尾と長田がまずはそれぞれ悪い顔を披露。さすがの悪い顔ぶりにスタジオは大爆笑であった。

 そして「永遠の5歳児」とも称される童顔の有岡も挑戦。有岡が扮したのは、連続アイドル暴行事件の容疑者だった。<逮捕されたのは、自称アイドルという有岡大貴容疑者。>というアナウンサーのナレーションと「自称アイドルがプロのアイドルを妬み暴行」というテロップともに、映し出される有岡。風で髪はやや乱れ、歩きながら黒い手袋を外し、あたりを伺うかのように振り向く悪い顔をした有岡に、スタジオからは<完全に仕留めてきたやつやん>とツッコミが入り、大盛り上がり。普段は童顔で無邪気さがウリの有岡だが、実は悪い演技も得意のようだ。

 SNSでは「プロのアイドルを妬み暴行した自称アイドル有岡大貴(29)はしんどい」「めちゃめちゃ悪いやつで笑った」など滅多に見られない有岡の悪い顔にファンがこぞって反応。「自称アイドル」がトレンド入りを果たしていた。

「Hey! Say! JUMP有岡大貴が裏の「悪い顔」を披露 「めちゃめちゃ悪いやつ」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。