企業に必要な「顧問助産師」とは? これからの時代の支援を考えるオンラインセミナーを開催

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

企業に必要な「顧問助産師」とは? これからの時代の支援を考えるオンラインセミナーを開催の画像1

 顧問助産師サービスの提供や、助産師検索サイト「Meets the Midwife」の運営を行う株式会社With Midwifeが、これからの時代に必要な社員へのサポートについて、3月19日にオンラインセミナーを開催します。

「顧問助産師」とは、助産師が企業の顧問として、社員の相談にのったり、企業内で健康に関するセミナー等を実施したりするサービスです。健康や妊娠・出産だけでなく、「性や生」「子育て」に関する困りごとやジェンダー、ハラスメント、ウェルネスマネジメントにも対応します。2019年11月に開始し、現在、企業11社で導入されています。

「顧問助産師」の主なサービス内容

・コンシェルジュサービス 健康や子育てに関する課題をもつ従業員への対応や、企業として女性活躍や子育て支援などに取り組む際の相談・アドバイスなどを行います。
・メール相談サービス 全従業員の健康や性・子育てに関する相談に対してメールで応えます。
・オンライン相談サービス テレビ会議システムzoomなどを活用し、直接対話しながら従業員の健康や子育てに関する相談に対して回答します。また、妊娠から子育てまでの知識提供を目的とした10種類のオンライン教材も準備。助産師だからこその視点で、「働く」と「育てる」を両立する従業員を応援します。
・セミナー業務 健康およびジェンダー、育児、またはそれに付随するセミナーの開催を行います。オンラインでのリアルタイム配信もしくは対面で実施します。
・従業員宅訪問ケア業務(産休従業員サポート中の場合のみ) 従業員のご自宅に訪問し、母子の健康チェックやメンタルケアを行います。

 オンラインセミナーでは、顧問助産師の相談データの分析結果や、働く人の悩みやニーズについて説明し、これからの時代に必要な支援とは何かを考えます。

▼オンラインセミナー詳細
日時:2021年3月19日(金)15:00~16:00
方法:zoomにてオンライン開催
定員:先着30名
対象:顧問助産師サービスの導入を検討されている企業の担当者様、女性活躍や社員の福利厚生サービスをお探しの企業の担当者様
内容:顧問助産師サービスとは/導入企業、事例/相談データ分析結果/これからの時代に求められる社員サポートとは

▼申込はこちら
https://forms.gle/7vPuMXGeVc9PxHgj6

「企業に必要な「顧問助産師」とは? これからの時代の支援を考えるオンラインセミナーを開催」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。