おるたな・ないとー、35歳でのリタイアを宣言。トップYouTuberの過酷すぎる生活とは…ヒカキンは睡眠1時間で動画更新続ける

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】
おるたな・ないとー、35歳でのリタイアを宣言。トップYouTuberの過酷すぎる生活とは…ヒカキンは睡眠1時間で動画更新続けるの画像1

ないとーTwitterより

 2月25日、人気YouTuberコンビ「おるたなチャンネル」のないとーが、音声メディア『voicy』にて、「【ご報告】35歳で仕事は引退します。」を投稿。「FIREを目指す」と宣言した。

 「FIRE(ファイア)」とは、「Financial Independence, Retire Early」の略語。「経済的独立・早期リタイア」を意味する言葉だ。端的に言うと、早期退職をして、お金のためにへとへとになるまで働く生活から解放するライフプランのことを指すという。お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦や、メンタリストのDaiGoなども同じ考えを持っていると言われている。ないとーもFIREに「すごく興味を持っていました」とのことだ。

 ないとーは「好きなときに働いてもいいし、嫌になったら休んでもいいし、っていうね。自由に自分がなんでも選択できる状況をつくる」という時間の使い方が魅力だと語る。

 YouTuberはFIREに近い生活ではあるが、YouTubeという仕事から離れられないのが、FIREとの大きな違いだという。

 YouTubeの仕事は時間も場所も縛られないが、コンスタントに動画を上げ続けなければ登録者や再生回数という数字が目に見えて減っていく。ないとーは「そのことが頭から離れない」「精神的に解放されない」と話した。

 とはいえ、FIREを目指すからといってYouTuberを完全に引退するわけではないようだ。現在メインとなっている大食い企画など、数字のためにやっていることをやめ、海外に1年ごとに住んでその様子を配信したりなど、数字にとらわれずに本当に撮りたいものを撮っていきたいのだという。

トップYouTuberでい続けるのはあまりにも大変

 小学生の憧れの職業ランキングにも入るようになったYouTuber。一攫千金も夢ではないとこぞって参加する若者が増えたが、トップYouTuberでい続けることは並大抵の努力ではいけないようだ。

 大食い系YouTuber木下ゆうかも日々の動画制作が楽しめなくなったと吐露したことがある。てんちむも「燃え尽き症候群っぽくなった」「無意識のうちに、このストイックが当たり前じゃないですか」と告白したことも。ストレスや過労で倒れたり、メンタルの不調から病んでしまうYouTuberも後を絶たない。

 トップYouTuberで居続けているヒカキンの生活が公開されると、「頼むから休め。死んだら遅い」と視聴者はその多忙さに驚いていた。

 【ヒカキン密着24時 2020年コロナ禍Ver.】YouTuberの裏側〜お仕事編〜【まるお&もふこも密着】では、夜中の0時に撮り始め、ヒカキンはゲーム配信の準備を始めた。笑いながら予定表を見せるヒカキンだが、スケジュールは朝の4時から「ゲーム動画収録」「案件動画の仕上げ」「ミーティング」「グッズの確認」「取材」「忘年会」と翌日の夜中1時まで予定がびっしりだ。

 本来は朝4時まで眠れるはずだったが、ゲームのサーバーが混みあっていたことから、急遽睡眠1時間ほどで起き、待機することに。そして、丸一日動き続け、翌日の夜中の4時まで仕事をしていた。過労死を心配するレベルである。こんな1日がほぼ毎日のように続いているという。

 なぜそこまでストイックに頑張り続けるのか。その疑問に対し、ヒカキンは『プロフェッショナル・仕事の流儀 新しい仕事スペシャル』(NHK)でぽつりと「人は飽きるものですからね、多分」と語っていた。

 常に新たな動画を出し続けなければ、飽きられてしまう。トップYouTuberであるヒカキンも、その状況を「マラソンだと思いますね、YouTubeは。ゴールの見えないマラソンみたいな感じですかね」と例える。

 どんなに息が切れても、足が重くても走り続けなければいけない。そしてそのゴールはどこにも見えない。

 常に新たな動画のネタを探さなければいけないプレッシャーがあるようで、「今日終わっても明日があるので、落ち着かないっていうか、考えなきゃいけないし。でも、その歩みを止めたら終わるんだろうなっていう」と語っていた。

 「好きなことで生きていく」のキャッチコピーで知られるYouTuberだが、その実態は計り知れないほど過酷なようだ。おるたな・ないとーの「早期リタイアしたい」という言葉は、たまらず飛び出た悲鳴だったのかもしれない。

「おるたな・ないとー、35歳でのリタイアを宣言。トップYouTuberの過酷すぎる生活とは…ヒカキンは睡眠1時間で動画更新続ける」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。