「今の世の中には、自分の知らない仕事がもっとある」Indeedが仕事や能力に関する意識調査

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
「今の世の中には、自分の知らない仕事がもっとある」Indeedが仕事や能力に関する意識調査の画像1

Getty Imagesより

 求人情報の検索エンジン「Indeed(インディード)」は、全国の15~64歳の男女を対象に、「仕事や自身の能力に関する意識調査」を実施。その結果を公開しました。

 有職者を対象に、現在の仕事に対する意識・満足度を質問したところ、「今の仕事は、自分に合っている」と回答したのは65.4%と多数派。残りの34.6%、つまり約3人に1人は「今の仕事が自分に合っている」と感じていないようです。年代別に見ると、「今の仕事が自分に合っている」と感じていないのは20代が最も多く、39.4%に上りました。

 また、有識者全体の今の仕事に対する意識は、「自分の力を活かせる」57.1%、「得意なことを仕事にしている」48.3%、「今の仕事に満足している」47.2%、「好きなことを仕事にしている」43.3%。「今の仕事は天職だと思う」と感じている割合は最も低く、27.6%でした。年代別では、20代が6項目中4項目で最低スコアとなり、現在の仕事に何らかの不満足を感じている割合が高い世代であると分析されています。

「今の世の中には、自分の知らない仕事がもっとある」Indeedが仕事や能力に関する意識調査の画像2

Indeed「仕事や自身の能力に関する意識調査」より

 世の中の仕事全体に対する期待について質問したところ、「世の中には自分に合った仕事があると思う」と考える人は、回答者全体では84.8%、有識者では86.9%でした。年代別に見ると、最も高いのは50代88.8%でした。

「今の世の中には、自分の知らない仕事がもっとあると思う」と考える割合は、回答者全体の79.9%。年代別では、10代で84.9%、20代で79.7%と、若い世代で高い割合となっています。

「今の世の中には、自分の知らない仕事がもっとある」Indeedが仕事や能力に関する意識調査の画像3

Indeed「仕事や自身の能力に関する意識調査」より

 有職者を対象に、仕事で活かせる能力や性質について質問したところ、「自分の能力や性質をいかんなく今の仕事で発揮できている」は35.5%にとどまり、年代別では50代が最も低く24.4%でした。

 一方で、「自分の能力や性質を、今よりももっと仕事に活かしたい」との回答は、有識者全体の62.1%に上りました。年代別では、10代が76.5%と最も高く、次いで30代が69.2%、20代が65.8%でした。

「今の世の中には、自分の知らない仕事がもっとある」Indeedが仕事や能力に関する意識調査の画像4

Indeed「仕事や自身の能力に関する意識調査」より

 さらに、回答者全体の69.7%、有職者の68.5%が「自分でも気づけていない、仕事に活かせる自分の能力や性質を知りたい」と回答しています。年代別では、10代で84.6%、20代で78.9%と若い世代ほど、自分の仕事に対する可能性を知りたいと考える傾向があるようです。

 そのように考えた理由としては、「いち早く気がつくことでその仕事につける可能性が開けるかも知れないから」(10代男性)、「自分の可能性を知らぬうちに潰すのは嫌だから。」(10代女性)、「可能性を知ることは一回きりの人生で大事だと思うから」(20代男性)、「能力や性質が知れたらその職種でやりがいを感じながら仕事がしたい」(20代女性)といった回答が寄せられました。

 有職者を対象に、転職(仕事を変えること)についての考えを尋ねたところ、「今すぐにでも転職したい」「将来的には転職したい」「転職に興味はある」を合わせると、68.1%が転職に関心を持っているようです。年代別では、30代が最も多く、79.0%が転職に関心を持っていることがうかがえます。

 しかしながら、有識者全体の71.3%が「転職はハードルが高い」と回答しており、年代別では30代が最多で75.3%でした。

 また、「もしも、気軽に色々な仕事を試せるような機会があったとしたら、試してみたいと思いますか?」との質問には、有識者全体の63.1%が「試してみたい」と回答しています。年代別では、10代が82.3%と最多、次いで30代が75.1%でした。

「今の世の中には、自分の知らない仕事がもっとある」Indeedが仕事や能力に関する意識調査の画像5

Indeed「仕事や自身の能力に関する意識調査」より

「今の世の中には、自分の知らない仕事がもっとある」Indeedが仕事や能力に関する意識調査の画像6

Indeed「仕事や自身の能力に関する意識調査」より

「今の世の中には、自分の知らない仕事がもっとある」Indeedが仕事や能力に関する意識調査の画像7

Indeed「仕事や自身の能力に関する意識調査」より

 また、「自分に合った仕事に出会うために積極的に行動してきた」という人うち、「今の仕事は、自分に合っている」という割合は77.5%に上るほか、「今の仕事は、自分の力を活かせる」77.1%、「自分が得意なことを仕事にしている」75.3%、「自分が好きなことを仕事にしている」59.4%。さまざまな仕事を知るなど、積極的に行動することが、自分らしく生きられる仕事に出会う一つの方法になっているのではないかと分析されています。

「今の世の中には、自分の知らない仕事がもっとある」Indeedが仕事や能力に関する意識調査の画像8

Indeed「仕事や自身の能力に関する意識調査」より

 

▼調査概要
調査主体:Indeed Japan株式会社
調査対象:全国の15~64歳の男女 1236人(うち有職者※ 939人)
割付方法:性別×年代で均等割付後、日本の人口構成(2019年総務省発表「人口推計」)に合わせてウェイトバック集計を実施
調査方法:インターネット調査
調査時期:2021年2月10日〜2月12日

「「今の世の中には、自分の知らない仕事がもっとある」Indeedが仕事や能力に関する意識調査」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。