宮迫博之、YouTubeの企画はもうネタ切れ? 吉本興業との関係も悪化するなか唯一の救いは…

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 宮迫博之に関しては、2021年1月12日発売の「FRIDAY」(講談社)の取材に応じた吉本興業の大崎洋会長から「いや、もう戻らんでええと思うで。いちいちユーチューブでネタにすんなって話や。辞めてまで吉本のことネタにすんなよって」と突き放されたことが話題になっている。

 これに対し、東野幸治は「宮迫は宮迫で戻りたいというのは本音やけども、YouTubeで再生回数稼がなあかんというのも本音やし……」と同情していた。

 また、以前宮迫と中田敦彦の共同YouTubeチャンネル『Win Win Wiiin』に出演をオファーされた明石家さんまも「本人たちもネタが切れることになるやろと思って、だから宮迫なんて『ネタがない、ネタがない』言うて」「一番はネタがなくなってくるらしい」と分析。「固定客を捕まえるためにな。みんな大変みたいやで」と、YouTubeでやっていく大変さを慮った。

 YouTubeにほぼ毎日のように動画をアップしている宮迫。すでにYouTubeを始めて1年が過ぎており、ネタ出しの苦労は尽きないのだろう。そんななか、千原ジュニアが宮迫のYouTubeチャンネルに出演することが決まった。

 ジュニアによると、宮迫とは「がっつりサシはほとんど(ない)」そうで、ダウンタウンの松本人志や今田との食事の席で同席することしかなかったという。ただ、2人は「喧嘩した数は群を抜いて一番多い。喧嘩というか、討論と言うか」と明かしており、『喧嘩するほど仲が良い』間柄だったようだ。

 宮迫のチャンネルには、ほかにもオリエンタルラジオの藤森慎吾や、ロンドンブーツの田村淳、カンニング竹山、極楽とんぼの加藤浩次など、お笑い芸人が次々とコラボに参加している。吉本をネタにするほど戻りづらくなると様々なメディアで言われているが、なにかをネタにしなければ動画は作れず、この苦しい窮状を救ってくれるのは、かつての仲間である芸人たちのようだ。

1 2

「宮迫博之、YouTubeの企画はもうネタ切れ? 吉本興業との関係も悪化するなか唯一の救いは…」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。