「ネスカフェ睡眠カフェ」が、全面リニューアルして原宿に移転

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

「ネスカフェ睡眠カフェ」が、全面リニューアルして原宿に移転の画像1

 ネスレ日本株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長兼CEO・深谷龍彦)は、良質な睡眠のために必要な情報を総合的に学び・体験できる新情報拠点「ネスカフェ 睡眠カフェ in 原宿」を「ネスカフェ 原宿」内に新設、3月24日より営業開始します。

 ネスレは、社会的に大きな問題となっている日本人の睡眠不足に注目し、コーヒーの飲み分けを通じて新しい睡眠スタイルを提案する体験型カフェ「ネスカフェ 睡眠カフェ」を、これまでに期間限定で3回、2019年3月からは東京・大井町で常設店舗を運営してきました。

 コロナ禍に伴う外出自粛や心理的な不安の増加により、“睡眠の悩み”が改めて注目されている昨今。ネスレでは「ネスカフェ 睡眠カフェ」を全面リニューアル、より総合的に睡眠について学び・体験できる場として、新情報拠点「ネスカフェ 睡眠カフェ in 原宿」をオープンすることとなりました。

 同店では、他の利用者との接触や人目を気にせず、くつろいで過ごせる半個室ブース席4席が用意され、「ネスカフェ」をゆっくりと楽しみながら、用途に応じたコーヒーの “飲み分け”について学ぶことができます。

– 30分の利用時:カフェインを含むコーヒーを1杯飲みながら、「コーヒーナップ」という仮眠スタイルについて学べます。(15分程度の短い仮眠の前にコーヒーを飲むことで、その後のパフォーマンス向上に役立つといわれています)
– 60分以上の利用時:カフェインレスコーヒーとカフェインを含むコーヒーがそれぞれ1杯ずつ提供されます。安眠を妨げると思われがちなコーヒーですが、カフェインレスであれば、眠りの質を保つことが期待されます。

 眠気の科学の第一人者である広島大学・林光緒教授のアドバイスを参考に開発したメニューとして、アミノ酸の一種であるトリプトファンを含む食事2品、気分をシャキッとさせるのにおすすめのデザート1品の、計3品が提供されます。

「ネスカフェ睡眠カフェ」が、全面リニューアルして原宿に移転の画像2

グリルステーキとゴロッと野菜のサラダ

「ネスカフェ睡眠カフェ」が、全面リニューアルして原宿に移転の画像3

スパイシーシュリンプライス

「ネスカフェ睡眠カフェ」が、全面リニューアルして原宿に移転の画像4

グレープフルーツブリュレ 柑橘系の香りで、シャキッとさせるデザート

 さらに、心地よい就寝と目覚めをサポートする「SmartSleep ウェイクアップ ライト」をはじめとする、フィリップスの睡眠領域におけるソリューション「SmartSleepシリーズ」全3製品を、実際に試すことができます。

「ネスカフェ睡眠カフェ」が、全面リニューアルして原宿に移転の画像5

「SmartSleep ウェイクアップ ライト」

■概要
◆名称: 「ネスカフェ 睡眠カフェ in 原宿」
◆場所: 東京都渋谷区神宮前1丁目22-8 ネスカフェ 原宿3F
◆営業時間: 11時から20時 (最終受付19時30分、フード・ドリンクラストオーダー19時00分)
◆席数: 4席 (レザーリクライニングチェア 3席、ソファ 1席)
◆予約方法: 3月10日(水)10:00より、専用ウェブサイトにて予約を受け付けます。https://suimin-cafe.jp
◆詳細:
・人目を気にせずくつろいでいただける、半個室ブース席。
・ご利用時間に応じ、「ネスカフェ」のコーヒーを1~2杯提供。
・フィリップスの「SmartSleepシリーズ」3種をご利用可能。
・スマートフォンで色や明るさをカスタマイズできるスマート照明。
・ハイレゾ音源の、森や川の自然音で眠りを誘う安眠ミュージック。
◆料金と提供内容:
時間:30分
内容:ブース利用+カフェインを含むコーヒー1杯
利用料金(税込):825円

時間:60分~以後30分ずつ延長可能 
内容:ブース利用+コーヒー2杯(カフェインを含むコーヒー、カフェインレスコーヒー)
利用料金(税込):1,650円 以後30分ごとに+825円

「「ネスカフェ睡眠カフェ」が、全面リニューアルして原宿に移転」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。