福島県南相馬市より全国の子どもたちへ 無料のオンライン授業「10年前の福島の被災と、今の全国のコロナ禍を考えよう」開催

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

福島県南相馬市より全国の子どもたちへ 無料のオンライン授業「10年前の福島の被災と、今の全国のコロナ禍を考えよう」開催の画像1

 東日本大震災から今年で10年。地震と津波に加え、原子力発電所事故の影響も受けた福島県の沿岸部に現在も残る被害の爪痕を、県外の子どもたちが知る機会が少なくなっています。

 そんな現状を背景に、キッズシーズ株式会社(東京都中央区)は、3月28日(日)9:30~10:30、全国の子どもたちに向けて、無料のオンライン授業「10年前の福島の被災と、今の全国のコロナ禍を考えよう」を開催します。

 この授業では、マスメディアではなかなか伝えられない「東日本大震災後の福島」を知ってもらうと同時に、「コロナ禍」という一見すると別々の事柄の間に共通する要素を、オンラインでつながった全国の子どもたちと一緒に考えていく予定です。

 講師は、一般社団法人あすびと福島から2名が登場。第一部、現役大学生の紺野由晃さんは、小学4年生だった震災当時の福島の様子や、被災体験がコロナ禍での考えや行動にどうつながっているかをテーマに授業。第二部では、同法人代表の半谷栄寿さんが、「震災・コロナ禍という2つの『非日常』から考える未来の自分」をテーマに、参加者との対話を行います。

 なお、半谷さんは福島県南相馬市生まれで、2010年まで東京電力の執行役員を務めていました。11年3月の原発事故についての責任と地元復興への思いから次世代育成を志し、同法人を設立したという経緯があります。

 今回の授業は、子ども向け「教育×オンライン」の分野では日本最大級のプラットフォーム「キッズウィークエンド」(運営:キッズシーズ株式会社)上で開催される「地方の魅力発見!『全国縦断オンライン社会科見学・東北編』」の企画のひとつで、「東北の魅力を知ろう」「震災・原発事故を忘れない」がプロジェクトのテーマ。

 震災から10年の節目となる今年。未解決の問題がまだまだ残る一方、復興を遂げ、力強く前進する人たちの姿もあります。震災を知らない子どもたちに、その時何が起こり、その後の10年間でどんな困難を乗り越えてきたのか、そして現状はどうなっているのかを伝えていく一方、アフターコロナに行きたくなる「東北の魅力」を、全国の多くの子どもたちに伝える役割も果たしていきます。

 子どもたち一人ひとりが「ありたい自分」と「ありたい社会」について考え、自分と社会の未来に向き合い、行動を始める日になることは間違いないでしょう。

【オンライン授業「10年前の福島の被災と、今の全国のコロナ禍を考えよう」開催概要】

開催日時:2021年3月28日(日)9:30~10:30
参加費:無料
対象:6歳~大人(推奨:小学校中学年)
講師:半谷栄寿先生(一般社団法人あすびと福島 代表理事)、紺野由晃先生(同インターン生 東北大学在籍)
主催:キッズシーズ株式会社(東京都中央区)
開催方法:オンライン会議システムZoomを利用して開催します。
お申込み:「キッズウィークエンド」に会員登録(無料)後、申込みが可能です。
詳細・お申込みページ:https://www.kidsweekend.jp/portal/events/B942CBAB

【キッズウィークエンド「地方の魅力発見!『全国縦断オンライン社会科見学・東北編』」開催概要】

開催期間:2021年3月6日(土)~4月4日(日) ※開催日時は講座によって異なる。
「全国縦断オンライン社会科見学・東北編」特設ページ:https://fes.kidsweekend.jp/tohoku_march ※随時更新予定です。

【一般社団法人あすびと福島 紹介】2012年4月の設立以来、被災地・南相馬市を拠点とし、「憧れの連鎖」という独自のプロセスにより「福島の明日を創る人材」が育つ場づくりをしています。https://asubito.or.jp/

「福島県南相馬市より全国の子どもたちへ 無料のオンライン授業「10年前の福島の被災と、今の全国のコロナ禍を考えよう」開催」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。