「健康福祉スコア」を通じて“新型コロナに強い都道府県”が判明!

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

「健康福祉スコア」を通じて新型コロナに強い都道府県が判明!の画像1

 AI技術を活用し、SDGs(持続可能な開発目標)に対する各企業や都道府県の本気度の“見える化”を進めるサステナブル・ラボ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:平瀬錬司、以下サステナブル・ラボ)は、都道府県の「健康福祉」に関する指標をスコア化したデータと、新型コロナウイルス感染状況のデータを組み合わせ、そこから見えた傾向を発表しました。

 サステナブル・ラボが調査・分析した「2020年の健康福祉スコア」と、厚生労働省データを参照した「都道府県の平均日ごと10万人当たり新型コロナウイルス感染率」「都道府県の平均週ごと重症者確保病床使用率」に相関性がみられ、とくに“健康福祉スコア”の伸び率が高い東北地方では、新型コロナ感染率がより低い傾向にあることがわかりました。

※地図上で濃い色の方が、「都道府県の平均日ごと10万人当たり新型コロナウイルス感染率」及び「都道府県の平均週ごと重症者確保病床使用率」が低く、ポジティブな状態を示しています。

「健康福祉スコア」を通じて新型コロナに強い都道府県が判明!の画像2

※地図上で濃い色の方が健康福祉スコアが高く、健康・福祉に関してポジティブな状態を示しています。

「健康福祉スコア」を通じて新型コロナに強い都道府県が判明!の画像3

「健康福祉スコア」を通じて新型コロナに強い都道府県が判明!の画像4

 “健康福祉スコア”の伸び率(%)が5以上だった都道府県は、東北地方の青森県(7.9%)、岩手県(11.1%)、秋田県(11.4%)、山形県(9.8%)、福島県(8.2%)や、島根県(10.2%)、高知県(5.2%)、徳島県(5.1%)でした。

 一方、“健康福祉スコア”の伸び率がマイナス10%以上だった東京都(-15.6%)、愛知県(-12.5%)、滋賀県(-10.2%)、京都府(-10.9%)、大阪府(-13.8%)、福岡県(-12.6%)では、平均日ごとの10万人当たり新型コロナ感染率が高い傾向が判明しました。

 なお、伸び率が高かった都道府県は、“健康福祉スコア”の算出指標の一部である以下項目の上位県と重複する傾向があることもわかりましたが、これはもっともな結果といえるかもしれませんね。

●「人口 1 人当たりの衛生費 (衛生費/総人口)」が高い県:岩手県、徳島県、山形県、島根県、福島県、高知県、秋田県など
●「人口 10 万人当たりの癌による死亡者数(癌による死亡者数/日本人人口×100,000)」が低い県:秋田県、青森県、鳥取県、北海道、島根県、山形県、高知県、岩手県など
●「喫煙率(喫煙者数/20 歳以上人口)」が低い県;青森県、福島県、宮城県、佐賀県、岩手県、秋田県

「「健康福祉スコア」を通じて“新型コロナに強い都道府県”が判明!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。