宮迫博之が激しく「木下優樹菜イジり」、吉本芸人との絡み増加で「エモい」

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 雨上がり決死隊の宮迫博之とFUJIWARA(藤本敏史、原西孝幸)がYouTubeでコラボを実施した。宮迫のチャンネルでは「【FUJIWARA×宮迫】テレビでは言えないことを本音でトークしました」と題し、宮迫がテレビ時代を彷彿とさせる“ドSなイジり”をみせている。

 FUJIWARAは宮迫にとって一番仲の良い後輩だそうだが、これが実に2年ぶりの再会だという。2019年6月に発覚した闇営業問題により、宮迫は独自に記者会見を断行。吉本興業との関係はこじれ、契約解除となった。以降はFUJIWARAとも接点を失っていたようだ。

 宮迫は吉本退社時のことを振り返り、「俺が1番落ちてる時に(藤本から)電話かかってきて」と切り出した。宮迫は藤本からの電話が嬉しくて、「あ、もしもし久しぶり! どした?」と思わず笑顔になったという。ところが、藤本の用件は「僕、離婚します」。木下優樹菜との離婚報告の電話だったのだ。

 宮迫には寝耳に水の情報で、「なんやそれ!! 落ちてる人に更に落ちてる情報を追加されてさ!」と怒りを覚えたという。藤本も、その電話で宮迫のテンションがガクンと下がったことを覚えているそうだ。藤本は宮迫との食事の際にいつも木下と子どもたちを連れて行っており、家族ぐるみのつきあいだったのだという。

 宮迫は高くても奢ってくれていたそうで、「稼いではるから! 焼肉とかええ肉食わしてくれるんですよ!普段食べれないような」と藤本がふざけると、宮迫は悪ふざけでお返し。「ドリンク出して」と宮迫がスタッフに声をかけると、タピオカミルクティーがでてきた。木下優樹菜がタピオカ店と揉めたことをまだコスっているわけである。

 宮迫と原西はタピオカミルクティーを「ちゃんと飲むの初めてかも」と言いながらすするが、藤本は手をつけようともせず、「もういいでしょ。どこかで終わりにしないとこんなんもう延々やで!?」と叫んだ。すると宮迫は「逆に言わせてくれ。もうええやろ、飲んで」。

 藤本は「騒動の前はホントによく(タピオカミルクティーを)飲んでたんですよ。でもやっぱり、ちょっと距離を置きたいなってなりますやん。テレビでもう飲んだんですよ……」と泣きそうに。宮迫も同情しつつ、「禊はもう終わってるから、普通に飲んだらええねん! 常に(タピオカを)持ちながらルミネの劇場とか入って行ったらええねんて」とイジり倒した。さらに原西も「もう『タピオカミルクティー』ってタトゥーここ(額)に入れたら?」と加勢し、宮迫はたこやきを焼く串でタトゥーを入れようと悪乗りする始末。藤本はたまらず、「タトゥー自体が問題みたいになってるんですよ!」と叫んだ。木下優樹菜の腕と手首にタトゥーが入っているという噂があるからだ。

 離婚から一年以上が経過したにもかかわらず、いまだに続くユッキーナいじり。ちなみに、宮迫はYouTubeでは優しいことばかりやるので、コメント欄に「テレビの時の宮迫は嫌いやったけど、今は好き」などと書かれているそうだ。

 闇営業問題の後、宮迫は背水の陣でYouTubeに進出したが、今やチャンネル登録者数138万人の大人気YouTuberとなった。吉本興業としては宮迫の吉本復帰は言語道断で、まだとても許容されるような雰囲気ではないが、一方で芸人たちとの交流は増えつつある。

 最近では、ロンドンブーツの田村淳、インパルスの堤下敦、ガレッジセールのゴリなど、吉本芸人とのコラボも増えており、千原兄弟の千原ジュニアとのコラボも決定している。コメント欄には「過去のアメトーークを見てるような」「やっぱり芸人さん同士って面白い」「会長が三下り半発言したとたん吉本芸人がどんどん宮迫さんに絡んでるのエモすぎ」と、テレビを彷彿とさせる芸人同士のやりとりを喜ぶ声が溢れた。

「宮迫博之が激しく「木下優樹菜イジり」、吉本芸人との絡み増加で「エモい」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。