「がんと性(セクシュアリティ)」に関する情報を医師監修のもと公開、AYA世代のオンラインセミナーも

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
「がんと性(セクシュアリティ)」に関する情報を医師監修のもと公開、AYA世代のオンラインセミナーもの画像1

Getty Imagesより

 特定非営利活動法人キャンサーネットジャパン(略称:CNJ/理事長・岩瀬哲)は、ウェブサイト「もっと知ってほしいがんと生活のこと」をリニューアルし、がんと性(セクシュアリティ)に特化した情報を公開しました。

 がんの進行や治療は、患者の性生活・妊娠・出産といった性機能や生殖機能に影響を与えることがあります。がんと診断された直後は、そんなことを考える余裕はないかもしれませんが、治療がひと段落ついたころ、日常生活の幅が広がるにつれて、疑問が湧いてきたり、誰に相談してよいか迷ったりすることがあるようです。

 話しにくい事柄ではありますが、他の副作用と同様に、正しい知識をもつことはとても大切。セクシュアリティは、相互の尊重と平等に基づく愛や人間関係といった、ポジティブな側面をもつ日常の一部でもあります。

 同サイトは、昭和大学保健医療学部・渡邊知映教授の総合監修のもと、以下のメンバーも監修に加わり、より専門性の高いさまざまな視点から情報を発信します。

【監修】菊地栄次先生(聖マリアンナ医科大学 腎泌尿器外科学 教授)
湯村寧先生(横浜市立大学附属市民総合医療センター 生殖医療センター泌尿器科)
大川玲子先生(鎮誠会千葉きぼーるクリニック/国立病院機構千葉医療センター非常勤)
宇津木久仁子先生((公財)がん研究会有明病院 健診センター、婦人科、リンパケア室)

「がんと性(セクシュアリティ)」に関する情報を医師監修のもと公開、AYA世代のオンラインセミナーもの画像2

「がんと性(セクシュアリティ)」に関する情報を医師監修のもと公開、AYA世代のオンラインセミナーもの画像3

 また、言葉にはなかなかしにくいがん患者・パートナーとのコミュニケーションをサポートしてくれるCNJのキャラクターが誕生し、一般公募で寄せられた591件のネーミング案から、最終選考に残った3案をSNS等で一般投票、名前が決まりました。

 同キャラクターのLINEスタンプや、がんとセクシュアリティに関する個別相談に応じるアプリも近日公開予定。情報を発信するのみでなく、コミュニケーションのサポートや、実際に個別のガイド行われていくそうです。

 3月19日には、AYA世代(15歳ー39歳)と“がん”の今を世の中に発信する1週間【AYA week 2021】のオンラインセミナーも開催。参加申し込み受け付け中です。

【AYA week 2021イベント オンラインセミナー】もっと知ってほしいAYA世代のがんとセクシュアリティのこと

・開催日時:2021年3月19日(金) 18:30-20:00
・定 員:zoomウェビナー 定員100名(がん患者・パートナー先着順)

      YouTubeライブ配信 定員無し(医療従事者、一般、どなたでも参加可能)
・参加費用:無料(事前申込制) 今後の開催のためご寄付をお願いいたします
・申 込:https://www.cancernet.jp/30659

「「がんと性(セクシュアリティ)」に関する情報を医師監修のもと公開、AYA世代のオンラインセミナーも」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。