コロナ禍の営業休止や時短直撃で、「ネットカフェ」倒産過去最多を更新

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

コロナ禍の営業休止や時短直撃で、「ネットカフェ」倒産過去最多を更新の画像1

 ネットカフェなど複合カフェ業界が、新型コロナの影響で大打撃を受けているようです。

 帝国データバンクの調査によると、2020年度(昨年4月~今年2月)に発生した、漫画喫茶やネットカフェなど「複合カフェ」事業を主力とした企業の倒産が累計10件に上り、過去最多を更新しました。年度ベースで倒産が10件に達したのは初めてで、例年にないハイペースで推移しているとのこと。

コロナ禍の営業休止や時短直撃で、「ネットカフェ」倒産過去最多を更新の画像2

複合カフェ業態の倒産件数 推移

 2000年代前半から都市部を中心に全国で拡大した複合カフェ業態は、漫画やPCを備える半個室タイプから、各種ゲームやシャワールームなど多様なニーズに対応する設備を備えた店舗までさまざま。そのため、学生やサラリーマンなどからの根強い支持を得て、全国で942店舗(今年2月時点/日本複合カフェ協会)を数えていました。

 しかし、新型コロナウイルス感染拡大に伴う昨年の緊急事態宣言発出により、全国的に人出が急減。また、ネットカフェに休業要請が出されたことで4~5月にかけて営業休止や時短営業を余儀なくされた店舗も多く、売り上げに大きな打撃を受けたといいます。

 宣言解除以降も客足の戻りは鈍く、在宅勤務の普及、「夜の街」の人出激減といった影響を受けてサラリーマン需要が振るわないほか、休校やオンライン授業により学生需要も戻らず、稼働率は引き続き低水準で推移しているもようです。

コロナ禍の営業休止や時短直撃で、「ネットカフェ」倒産過去最多を更新の画像3

上場複合カフェの業績推移(四半期別)

 さらに、安価な時間制料金によるコスパの良さを背景に利用者数が増加してきた一方で、客足の低下を防ぐため絶えず先行投資が必要なほか、同業他店との利用者獲得競争、スマホゲームやサブスク型の漫画読み放題アプリの台頭などで「暇つぶし」消費が多様化するなど、異業種との競合も激化しています。

 複合カフェ業態の今後は、コロナ禍の収束動向に加え、特に利用単価の高いオフィス街や繁華街の人出回復に大きく左右されるとみられています。厳しい経営環境のもと、各社生き残りに向けた取り組みを強化。充実したオンライン設備、個室タイプなどプライバシー性能や快適性の高さを生かし、在宅勤務者やオンラインで就職活動する学生などに利用メリットをアピールするなど工夫を凝らしています。

 ただ、今年1月に再発出された緊急事態宣言の影響もあり、複合カフェ需要の冷え込みは今後も長期化が予想されています。そして、都心・郊外店ともに、限られた利用者を取り合う形で競争はすでに激しくなっており、業態全体での飽和感も高まりつつあるため、今後は不採算店整理や新規出店の凍結など、各社体力勝負の様相を呈するとみられ、大手チェーン店が中心となった業界再編が進む可能性もあるようです。

「コロナ禍の営業休止や時短直撃で、「ネットカフェ」倒産過去最多を更新」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。