警視庁のユニークな交通安全動画「STOP!横断歩道」シリーズ、YouTube配信

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

警視庁のユニークな交通安全動画「STOP!横断歩道」シリーズ、YouTube配信の画像1

 2020年、東京都内では交通事故死者数が155人と、前年比22人増加しました。状態別では、歩行中の死者数が67人で死者全体の43%と最も多く、歩行中の死亡事故を抑止することが重要課題となっています。

 そんな状況を受け、警視庁では横断歩行者の交通事故を防ぐため、交通安全動画4編を新たに公開しました。

 動画は「マラソン編」「恐竜編」「記者発表編」「目撃者編」の4つで、これまでにない斬新かつインパクト絶大な切り口で、「横断歩道は歩行者優先」であることを訴えています。

 以下、各動画の内容を、チラ見してみましょう。

マラソン編

 マラソン実況映像に重なる、アナウンサーと解説者の声。「第1グループ 横断歩道に差しかかりました」「あ〜やはり 車止まりませんね〜」「東京では車は 止まらないですね〜」などと交わされる会話に、立ち止まって足踏みを続けるランナーたち。まったく止まる気配なく、バンバン行き交う車。やがて第2グループにも追いつかれてしまったところで、「STOP!横断歩道」の文字が画面いっぱいにドーンと表示されます。困ったような口調のラストまで、実際に動画でお楽しみください。

恐竜編

 背後から迫りくるティラノサウルスの猛追から必死の猛スピードで逃げまどう一台の車に、「止まれぇ〜!」「申し訳な〜い 止まれな〜い」との声が重なる、『ジュラシック・パーク』のワンシーンのような映像に、やがて「STOP!横断歩道」の文字がドーン!。ユル〜いオチは動画で。

記者発表編

 星条旗を背に会見を行う、米政府関係者風の男性。「え〜 お知らせします」と、重大発表をにおわせるような緊張したトーンで切り出したのち──「東京は…車が止まらない…」重ねて「え〜東京は 車がぁ」「まったく止まらない…」ときて、ドーン!「STOP!横断歩道」。ちょっとかわいいオチは動画で。

目撃者編

 「おら見ただよ」「横断歩道を 渡ろうとしてたら」「スンゲェ勢いで 目の前を 車が通り過ぎて行っただ」「東京はおっがねぇ」と、吉幾三風な男性の告白映像にかぶせて、ドーン!「STOP!横断歩道」。ラストまでしつこくジワジワ笑わせようと粘る動画です。

____

 動画の中にもあるように、横断歩道は歩行者優先。違反した場合は「法律により3カ月以下の懲役、または5万円以下の罰金」となります。ドライバーのみなさん、くれぐれも安全運転でお願いしますね!

▼TOKYO SAFETY ACITON
https://www.safetyaction.tokyo

「警視庁のユニークな交通安全動画「STOP!横断歩道」シリーズ、YouTube配信」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。