kemioがコロナ感染経験者のリアルな声を伝えるインタビュー動画公開 感染予防を続けるための「手守り習慣」紹介も

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 人気動画クリエイターのkemioさんが新型コロナウイルス感染経験者、医療従事者と言葉を交わすインタビュー動画「資生堂 Hand in Hand CALL」が公開されました。

 この動画は、kemioさんがコロナ感染経験者からの電話を受け、「感染したからこそ気づいたこと・伝えたいこと」について質問。 感染経路や症状だけでなく、隔離期間に感じたことや不安だったことなど、経験者のリアルな気持ちが語られています。また同様に、医療従事者にも電話でインタビューをし、医療現場で感じていることや感染予防の大切さを伝える内容となっています。

 また、動画の最後では、感染予防を続けるためのひとつの方法として、手洗いか消毒にハンドケアを合わせた「手守り習慣」の継続を呼びかけています。

▼資生堂 Hand in Hand Project

プロジェクト期間:2021年2月1日~4月30日

 全国の医療従事者の方々に敬意と感謝を届けるためのプロジェクト。一人ひとりが感染予防を続けるために手洗いか消毒液に、ハンドケアを合わせた「手守り習慣」を呼びかけるとともに、プロジェクトの期間中、対象商品(全21種類)の利益(※1)を、医療現場のサポートのために寄付します(※2)。

 さらに、本プロジェクトに対するSNS上での賛同アクション1件あたり10円を資生堂から医療現場のサポートのために寄付します。

※1 2021年2月1日~4月30日の対象商品の売上から、売上に連動して発生するコストを除いたもの。また本プロジェクトの浸透のための活動コストは、別途当社が負担しています。
※2 寄付金額や寄付先団体などの詳細はプロジェクト終了後に開示予定です。

<WEB動画概要>

▼資生堂 Hand in Hand CALL「新型コロナ感染経験者」篇 Short Ver.

▼資生堂 Hand in Hand CALL「医療従事者」篇

「kemioがコロナ感染経験者のリアルな声を伝えるインタビュー動画公開 感染予防を続けるための「手守り習慣」紹介も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。