ふくれながM君との破局理由を告白「もうAPEXの会社、マジ潰れてくれ!」

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 人気YouTuberのふくれなが3月12日、M君との破局理由を明かした。

 ふくれなとМ君のカップル、愛称・えむれなは女子中高生の憧れであり、2人のカップルチャンネルは登録者数140万人超。『えむれな SPECIAL FANBOOK 憧れカップルのすべて』(KADOKAWA)という本を出版するほどの人気だった。

 ふくれなはM君と4年以上に渡り交際・同棲をしていたが、今年1月に破局を発表。元々飼っていたペット3匹を連れ、一人暮らしを始めていた。

 ふくれなは交友のあるYouTuber・ジュキヤの動画に出演。同じく仲良しのまあたそと共に、別れた原因について振り返った。

 まあたそはふくれなから継続的に恋愛相談を受けていたという。別れる当時も、岩盤浴で泣きながら話すまあたそを慰めることがあったそうだ。

 相談の内容は「すれ違い」。一緒にいても住んでいる意味を感じないほど、2人は関わっていなかったそうだ。付き合った期間を4年半だとふくれなが言うと、「4年半はすごい」と言うが、その長さが良くなかったのかもしれない。「最初に同棲したら結婚できない説あるけどな」とまあたそに言われると「その説、マジである。カップルの時に結婚前提なしでなんとなく始めようみたいなのはマジよくない」とふくれなも力説。交際半年後から、結婚前提ではなく同棲を始めてしまったのを後悔しているようだった。

 別れることが決まっても、引っ越し準備などで一カ月ほど同棲を続けたという。ジュキヤが「戻りたいと思わなかったの?」と問いかけると、「れなはなったけど……」と気まずくなった。

 別れる決定的なきっかけになったのはゲームだという。M君はAPEX Legendsというゲームにはまっており、大会に出るほどだった。APEX Legendsは3人1組になって、チームで戦うオンラインゲーム。そのため、途中でゲームをやめると仲間に迷惑がかかる。プライベートの状況を受けてプレイを中断するのは難しいゲームといえるだろう。

 こうした話をしているうちに別れた当時を思い出したのか、ふくれなは「もうAPEXの会社、マジ潰れてくれ!」と眉間にしわを寄せ、叫んだ。

 「えむれな」のチャンネルを更新していた当時、2人はよくドッキリを掛け合う企画をしていたが、過去に、ゲームに熱中するM君に対し、ふくれながゲームを辞めなければ別れると発言するドッキリを仕掛けたこともあった。

 ふくれなは動画内で「M君が1日5時間もゲームしている」と報告。1度目のドッキリでは、ゲーム中のM君に「かまって」とふくれながせがみ、キスやハグを要求。しかし無視され、「チュウしたらゲームしていいの?」と義務感をあらわにしたM君にあきれていた。

 その後、破局する2カ月前のドッキリ動画では、ゲームに熱中するM君にふくれなが「もう別れる!」と宣言。「ちょっともう限界やわ…もうさ、れなたち、一緒に住んでいる意味ある?」と別れ話をふくれなが持ちかけても、「ちょっとこれ終わったら…」とM君はゲームをやめない。「そのゲームのプレイ時間は?」とふくれなが聞くと、M君はこともなげに「1500時間かな」と答える。「その1500時間、れなを放置したってことやんな!」とふくれなは悲しげに言い放っていた。

 破局報告後、ふくれなのチャンネルは登録者数が30万人以上増加し、ふくれなを応援する声がコメント欄に溢れている。チャンネル再生数も100万回を超えるものも多く、YouTube活動は絶好調といえる。

 今は「彼氏はいらない」と傷心中だが、仲間のYouTuberやファンに励まされ、積極的に活動しているようだ。一方、M君もゲームチャンネルを開設したが、「まったく需要がない」「一人で生活していけるの?」という声があがっている。今は「これで堂々とゲームできる!」と開放的な気分になっているだろうM君だが、ゲームに飽きたころ、失ったものの大切さに気付くのかもしれない。

「ふくれながM君との破局理由を告白「もうAPEXの会社、マジ潰れてくれ!」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。