7割以上の親が子供に習いごとをさせる理由とは? 人気の習いごとTOP5も

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

7割以上の親が子供に習いごとをさせる理由とは? 人気の習いごとTOP5もの画像1

 株式会社PLAN-B(本社:東京都港区、代表取締役:鳥居本真徳)の運営するカジナビ(https://kaji-navi.jp/)が、小学生までの子供を持つ親732人を対象に、「子供の習いごと」に関するアンケート調査を実施しました(https://kaji-navi.jp/kids-lessons-survey/)。

7割以上の親が子供に習いごとをさせる理由とは? 人気の習いごとTOP5もの画像2

 まずは、子供に習いごとをさせているかという質問に対し、7割以上の親が「はい」と回答。年齢別では、7歳以上になると、9割近い子供が習いごとに通っている実態がわかりました。

 また、0歳でも17%の親が習いごとをさせているという結果には驚きです。0歳児の通う習いごとの大半は、ベビークモンや親子スイミングでした。

7割以上の親が子供に習いごとをさせる理由とは? 人気の習いごとTOP5もの画像3 7割以上の親が子供に習いごとをさせる理由とは? 人気の習いごとTOP5もの画像4

 習いごとをさせている理由の1位は、「子供がやりたがった」から。習いごとをさせていない理由の1位は「年齢的にまだ早い」という結果になりました。

 将来のため、苦手克服のため──といった親の意向よりも、子供本人の意思を尊重するケースが多いようです。

 また、やらせない理由1位の「年齢的にまだ早い」は、大半が0~5歳の子供を持つ親からの回答でした。

7割以上の親が子供に習いごとをさせる理由とは? 人気の習いごとTOP5もの画像5

 最も多かったのが、水泳・サッカーなどの「運動系」で、幅広い年齢層に人気。2位に学習塾などの「学習系」、3位にピアノなどの「音楽系」が続きました。

7割以上の親が子供に習いごとをさせる理由とは? 人気の習いごとTOP5もの画像6

 子供が「やりたい」と言ったことは好きなだけ挑戦させてあげたいところですが、現実には経済的な制約もあるでしょう。

 各家庭の子供1人当たり、習いごとにどれくらいの月謝を払っているのかグラフにまとめると、最も多いのは「5,000〜10,000円未満」(41%)で、「5,000円未満」(16%)と合わせると、半数以上の57%が、月謝は10,000円未満という結果になりました。

7割以上の親が子供に習いごとをさせる理由とは? 人気の習いごとTOP5もの画像7

 最も多かったのは「特に考えは変わらない」(55%)でした。半数以上は、どんな状況でも変わらず学んでほしいと考えているようでした。

 2番目が「オンラインでできるものを」(18%)。感染防止のために、人との接触が少ない方法で習いごとをさせたいと考える人もいるようです。

 気になるのが、第5位にランクインした「プログラミング」。小学校の必修科目になったことでも注目を浴びています。子供の将来のために、早いうちから学ばせたいと思っている方も多いようですが、費用が結構かかるのがネックという意見も見られました。

 以上、今回のアンケートを通じて、子供の意思を尊重しながら後方サポートしつつ成長を見守る、親御さんたちの思いが垣間見えるようですね。

調査概要:https://kaji-navi.jp/kids-lessons-survey/
調査内容:「子供の習いごと」に関するアンケート調査
調査方法:インターネット調査
対象者:全国の小学生以下の子供を持つ親732名(年齢居住地問わず)
調査期間:2021年2月14日~2021年2月16日

「7割以上の親が子供に習いごとをさせる理由とは? 人気の習いごとTOP5も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。