シバターが「ナダルよ、なぜ自分が売れてないか分かるか?」と、コロチキ・ナダルを徹底攻撃。芸人人生を全否定する攻撃の真意とは

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 人気YouTuberのシバターと、お笑い芸人のナダル(コロコロチキチキペッパーズ)がYouTube上でやりあっている。ネット上では「知り合った途端にプロレス開始すんの草」「なんかとんでもない化学反応が起こりそうな組み合わせだな」と話題だ。

 事の発端は、シバターがくりぃむしちゅー有田哲平の冠バラエティー番組『有田プレビュールーム』(TBS系)に出演した裏話を自身のYouTubeチャンネルで語ったことだった。

 そこでシバターは「ナダルがウザかった」と糾弾。撮影現場でナダルが終始上から目線だったことや、YouTubeでいくら売り上げているのか聞いてきたことなどを暴露したのだ。

 これを受け、ナダルは「おい、シバター!聞くな!」というアンサーYouTube動画を投稿。普通は「聞け!」だが、これ以上は炎上したくないので、「聞くな!」と動画タイトルをつけたというナダルは、「シバター、聞くなよ! 俺はそういうヤツや!」と叫んだうえで、シバターを「いいもん持ってる」と褒めちぎった。

 ナダルは「(俺は)金持ちに目がない」「これからもついて行きたいなと思った」「敬ってる!」「月1000万稼ぐ奴を俺は敬う。俺、年収高い奴を敬う」とシバターを絶賛する。ナダルがそこまでシバターを褒める理由は「お金」だけではない。シバターは格闘技もやっているため、実際にケンカをしたら負けることが分かっているというのもあるそうだ。動画の中で相方の西野創人から「なにか言ってやることはないのか」と問われても、ナダルは「燃えたくない」と言いながら、シバターを褒め続けるのであった。

 この中途半端な動画を見たシバターは、自身のYouTubeチャンネルで「ナダルよ、なぜ自分が売れてないか分かるか?」という動画を投稿。

 昨年からようやくYouTuberとしての活動を本気で始めたナダルに対してシバターは、「最初からやれよ、最初からYouTube。なあ? どうせテレビ稼げなくてラジオ稼げなくて営業だって全然入ってこなくて全然稼いでなくて金なくて。芸人なんか始める前に最初からYouTube始めりゃよかったんだよ」と煽りに煽った。

 シバター曰く、テレビで頑張っている芸人は先見の明がないという。シバターは宮迫博之を例にあげつつ、「芸歴20年でもギャラが足らず、吉本から中抜きされない闇営業をして、結局バレて炎上してテレビに出られなくなった」と指摘。そのうえで、「コロチキもそうだよ。賞レースのトップに立ってさ。でもテレビに全然出られなくてさ。で、結局YouTube」と、どうせYouTubeに来るのなら、10年前に始めればよかったのだと煽った。

「どうせYouTubeに来るなら最初から、吉本(興業)の養成所だ、松竹(芸能)の養成所だ、とか入らずに最初からYouTubeやりゃあよかったじゃん。どうせYouTubeに来るんだから。それだったらもっともっと稼げたよ。なんで10年前、『お金稼げるようになりたい!』『スターになりたい!』と思って芸人になろうと思ったの? なんでそこでYouTubeだって思わなかったの?」

 ちなみに、シバターは8年前、金を稼ごうと思ってYouTuberを選択したという。その先見の明が芸人たちにはないと話し、「芸人になるなら最初からYouTubeをやればよかったのだ」と何度も繰り返した。

1 2

「シバターが「ナダルよ、なぜ自分が売れてないか分かるか?」と、コロチキ・ナダルを徹底攻撃。芸人人生を全否定する攻撃の真意とは」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。