コロナ禍以降「野菜を摂る頻度が増えた」45% 健康志向で野菜摂取ニーズ高まる

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
コロナ禍以降「野菜を摂る頻度が増えた」45% 健康志向で野菜摂取ニーズ高まるの画像1

GettyImagesより

 コロナ禍でのリモートワーク/おうち時間の増加に伴い、食生活の面でも何らかの変化は起きているのでしょうか? 料理写真共有アプリ「SnapDish」を運営するヴァズ株式会社(東京都練馬区、代表取締役:舟田 善)が同アプリの利用者を対象に行った、「野菜の摂り方」についての調査をもとに見ていきましょう。

コロナ禍以降「野菜を摂る頻度が増えた」45% 健康志向で野菜摂取ニーズ高まるの画像2

 まずは、食品カテゴリ別の利用状況を、コロナ禍以前(2020年2月以前)と比較した調査を行ったところ、「野菜」「発酵食品」「冷凍食品」は3割以上が「増えた」と回答しました。中でも「野菜」は45%と多く、コロナ禍での健康意識の高まりが家庭の食卓や毎日の買物に影響を与えていることを示す結果となりました。

 また、「冷凍食品」「レトルト」「インスタント食品」などの簡便食品は、「減った」という回答も約20%に上る結果となりました。コロナ禍以降、調理の時短・簡便化のために活用シーンが増えた層と、増えたおうち時間で手料理に時間が割けるようになり、簡便食品の活用シーンが減った層の二極化の表れと考えられそうです。

コロナ禍以降「野菜を摂る頻度が増えた」45% 健康志向で野菜摂取ニーズ高まるの画像3

 前出の「野菜」についてさらに調査したところ、93%が「意識して普段の食事に野菜を取り入れている」一方で、摂りたい量の野菜を「摂れている」と実感がある人は58%にとどまり、42%が「野菜不足を感じている」という結果になりました。

コロナ禍以降「野菜を摂る頻度が増えた」45% 健康志向で野菜摂取ニーズ高まるの画像4

 野菜の摂り方については、「生のまま」「炒めた料理で」「煮た料理で」の回答がいずれも60%を超えました。また、「まるごと野菜」に加え、「カット野菜」もそれなりに重宝されていることがわかります。作る料理や分量次第で、併用したり、使い分けたりしている人も少なくないでしょう。

コロナ禍以降「野菜を摂る頻度が増えた」45% 健康志向で野菜摂取ニーズ高まるの画像5

 野菜の摂り方についての悩み・不満を聞いたところ、350近い声が集まりました。自由回答を内容別に分類したところ、このような分布となりました。カテゴリごとのコメントを一部抜粋してみましょう。

■レパートリーが少ない・マンネリ化してしまう(20%)
・お手軽な価格の野菜ばかりを買ってしまうので野菜の種類やメニューがワンパターンになってしまう事。 (愛知県 30-39歳 女性)
・レパートリーが増えない。仕事をしていて料理に時間がとれないのでいつも同じになってしまう。子供が食べる野菜、調理法が限られる。(神奈川県 40-49歳 女性)
・サラダで食べたい野菜が、ワンパターン。また、カットして保存すると日持ちしなくなる。丸ごと野菜を買うと幅をとり、野菜の種類が減ってします。(愛知県 40-49歳 女性)

■保存がうまくできない、傷ませてしまう(17%)
・一人暮らしなのでキャベツや白菜は1玉だと使い切れないが、切ったものを買うと足が早いので購入の際悩む。調理し慣れたものばかり買ってしまいがち。(埼玉県 30-39歳 女性)・日持ち、作り置きの衛生面が心配。(東京都 30-39歳 女性)・下処理をしてからの冷凍保存をしたいのですが知識が乏しいので教えていただきたいです。(神奈川県 50-59歳 女性)
・買い物の回数が減ったので、新鮮な野菜の保存に悩みます。(滋賀県 60-69歳 女性)

■下ごしらえや調理が面倒・手間がかかる(15%)
・キッチンのシンクが小さいため、ひろがって場所をとる葉物野菜(レタスやほうれん草など)が洗いにくく敬遠してしまう。本当はもっと食事にとりいれたい。 (東京都 30-39歳 女性)
・安いのでカットされてないものを買うことが多いけど、保存するための処理が少し面倒。(鹿児島県 30-39歳 女性)
・土つきの野菜を洗うのが、結構大変。美味しいから頑張ってるけど。(三重県 50-59歳 女性)

■栄養バランスや効果的な摂り方(15%)
・茹でることで栄養がなくなる。炒める際についつい油を多く使ってしまう。(東京都 40-49歳 女性)
・簡単に取れる生だと体が冷える。味付けをしっかりしてしまうと塩分が気になる。(東京都 30-39歳 女性)
・いつも生野菜にドレッシングだったり、他の料理と一緒に味付けをするので野菜自体の味は分からなかったり、調理の幅がない。(北海道 20-29歳 男性)

■その他(調理方法がわからない・量を使い切れない・値段・フードロス・農薬)
・炒めると水分が出るので、上手に料理出来ない。 (北海道 40-49歳 女性)
・安くて丸ごと買っても、大根、白菜、キャベツなど、使い切るのに追われて疲れる。(大阪府 40-49歳 女性)

・大容量の品物や安いからと言って、つい買いすぎてしまう。食品ロスが多くなるのでなんとかしたい。 (北海道 50-59歳 女性)

コロナ禍以降「野菜を摂る頻度が増えた」45% 健康志向で野菜摂取ニーズ高まるの画像6

 イチオシの野菜や、おすすめの食べ方・工夫──について募る質問に対しては、300以上の声が寄せられました。こちらもコメントの一部をご紹介しましょう。コロナ禍における野菜の摂取に、みなさんさまざまな工夫を凝らしているのですね。ぜひ参考にしてみたいものです。

(アイディアの声、一部抜粋)
・レンジを含め、調理法を色々変えると同じ野菜でも違う魅力があることに気がつく。トマトはジャムにしても美味しい。(茨城県 30-39歳 女性)
・キャベツは 炒めもの、生のサラダ、茹で野菜サラダ、スープ、ロールキャベツ、メンチカツ、などいろんな料理に対応できるので常に常備してあります。(岐阜県 40-49歳 女性)
・キャベツや玉ねぎを電子レンジで蒸してからスープや炒め物にすると時短で調理できる上に野菜の甘さがまして美味しくいただけます。また熱を加える時間が短くなるので栄養減も防げるのではと思っています。 (埼玉県 50-59歳 女性)

■SnapDishでの「野菜」に関連した料理投稿一覧はこちら
https://snapdish.co/search/%E9%87%8E%E8%8F%9C?rank=-timestamp

■「SnapDishみんなの食卓体験ラボ」とは?
SnapDishが、生活者の自発的な声や工夫を集めて共有することで、「生活者の食卓体験向上」を目指すラボラトリーです。
過去の調査結果はこちら → ​http://vuzz.com/lab2019

■調査概要
調査方法:SnapDish登録ユーザーにメールにて「みんなの声大募集♪野菜の摂り方編」として回答を募集
回答期間:2021年3月3日~2021年3月10日
回答者数:524名

「コロナ禍以降「野菜を摂る頻度が増えた」45% 健康志向で野菜摂取ニーズ高まる」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。