ヒカルが実父と感動の再会も…いきなり金の無心「あんなすぐにお金要求する親、やっぱ伝説やと思ったマジで」

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 人気YouTuberのヒカルが8年ぶりに実父と再会。感動の展開に視聴者が湧いている。

 ヒカルの実兄であるマネージャーのまえすに実父から連絡が入ったのはつい最近のこと。ヒカルは今まで実父とは連絡先を共有しておらず、YouTube活動していることすら教えていなかった。その理由は、ヒカルの両親が、ヒカルが19~20歳の頃に離婚しているためだ。離婚の原因は父のだらしない部分にあったらしく、ヒカルは「一族全員から忌み嫌われた挙句、家を追放された」と語っていた。ヒカルが実父に最後に会ったのは、祖父の葬儀の席の8年前だというから、はるか昔だ。

 あまり仲が良さそうではないように見えるが、ヒカルは毎月、父親に仕送りをしている。また、実父のためにマンションの一室も購入している。

 ヒカルは両親の離婚の話し合いの現場で「お前はゴキブリと一緒」と父に言い放ち、マンション購入も「親孝行ではなく節税目的」と言っていたが、どうやら本心では父のことを気にかけているらしい。

 3月12日に公開された動画『【急展開】実の親父がヒカルの存在に気付いて8年ぶりの電話をかけてきました…』では、突然まえすのLINEに「ユーチユーバヒカリ見たで 年収5億すごいね」というメッセージが届いたといい、ヒカルはまえすに指示して関西で一人暮らしをする父親に連絡したという。

 通話に出た父は開口一番「東京の方へ行くわ」と言うと、「ちょっとわし、お金に困っとんや」と金の話を切り出した。ヒカルが電話を代わると、父は実の息子であるヒカルを「ヒカルさん」と呼び、ヒカルが「おとん、金に困っとんやろ? 俺、金しかないから」と気前よく言うと、「ベンツで迎えに来てくれ!」と調子よく言った。

 久しぶりの再会でいきなり金の無心をされたというのに、ヒカルは「死ぬほどおもろいな、こいつ」と大喜び。「ほんまに変わってへんな。あの人間のちょっとクズな部分」「俺あんなすぐにお金要求する親、やっぱ伝説やと思ったマジで」「すごい男に目つけられたな。それが実の親っていうのがまた面白いな」と機嫌よく笑い、父に会うことに決めたのだった。

 8年ぶりに父親に会ったヒカルはまず「背めっちゃ低く感じるな」と呟いた。子供の頃と比べると、大きな存在だった親が小さくなった印象を受けたようだ。父は「ケイタ(ヒカルの本名)、モンスターになってもうたのお」とヨイショ。車に乗り込むと、ヒカルやまえすが小さかったころ、甲子園球場に連れて行くのが大変だったという昔話を始め、ヒカルとまえすは大喜びだった。

 父がヒカルを知った理由は、仕事先で休憩のときにたまたまスマホの画面に出ていたことだったという。その場でびっくり仰天し、一緒に休憩を取っていた仲間に「わしの子や!」と叫んだそうだ。

 ヒカルは父に会っている間、とても楽しそうに笑い続けた。ヒカルはこの「おとん」の登場を「ついに俺に新しいバズーカが手に入りましたね」と表現しており、チャンネル再生数が100万回を切らない限り、「死ぬまでこき使っていく」らしい。

 ヒカルの狙い通り、父が登場した回は、250万回再生に届く勢いでヒットを飛ばしている。

 完全に金目当てで近づいてきたと思われていた父だが、仕送りの要求額は「月8万」と、ヒカル相手にしては控えめで、「ちゃんとお金を貯めておけ」と言ったところが、「父らしい」と視聴者に好評だった。また、ヒカルが「(父親が)病気になったら一番いい医者を探すから」と言った箇所や、父がまえすの大学卒業の際に本当は一緒に酒を飲みたかったと語った箇所も視聴者の心に刺さったようだ。

 実家の裏にある山を切り開いてゴルフ場を作ろうとしたり、ヒカルのおじいさんが亡くなった際、火葬場の職員に「なんぼ儲けてんの?」と聞くなど、ヒカルの父は破天荒キャラで知られている。今後、「家族動画」はヒカルのYouTubeチャンネルのキラーコンテンツになりそうだ。

「ヒカルが実父と感動の再会も…いきなり金の無心「あんなすぐにお金要求する親、やっぱ伝説やと思ったマジで」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。