EXITが木村拓哉の気遣いを絶賛 国民的スターは楽屋裏でも完璧だった!

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 EXITの2人が自身のYouTubeチャンネルで木村拓哉の思い出話を語る「キムトーーク」を開催した。

 EXITは木村がパーソナリティをつとめるレギュラー番組『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局)の3月マンスリーゲストに選ばれて共演している。

 りんたろー。はまさに世代ど真ん中。当時の木村はインフルエンサーのトップで、身につけたものすべてが爆売れすると力説した。当時、『ビューティフルライフ』に憧れまくっていたりんたろー。は、劇中の木村の写真を学生証の裏に入れているほどだったそうだ。

 ラジオではEXITが『ビューティフルライフ』主題歌のB’z「今夜月の見える丘に」をリクエストしたが、曲が流れている裏で、「(『ビューティフルライフ』の影響で)美容師とかも流行りましたよね」と雑談を振ると、木村から「世間の流れとかを汲みたくて脚本家さんに『美容師どうすかね?』って俺から言ったんだよね」と衝撃の裏話を聞かされたという。

 ラジオの裏話はまだある。りんたろー。は木村から「誕生日過ぎてるよね?」と、身に着けているものと色違いのサングラスをプレゼントされたそうだ。「しゃれたことするよね~」と兼近が言うと、りんたろー。は嬉しそうに木村からもらったサングラスを眺めていた。

 ラジオで打ち解けた3人は、連絡先の交換もしたという。社交辞令で交換しただけなんだろうなと2人は思っていたが、その後もちゃんと連絡をくれたそうだ。

 ラジオでは兼近が「世界に行きたくて、(日本での芸能活動は)その延長期間なんです」と話していたが、放送後、木村はりんたろー。に連絡し「あのラジオで関係性がちょっと崩れたり変わったりしてないか?」と心配してくれたそうだ。

 木村は優しさも超一流。ラジオでは、木村に「EXITの最高顧問」になってほしいというと、快諾してくれた。

 また、ラジオでB’zの曲を流している最中、B’zの大ファンだということを兼近が明かすと、木村は「一緒にライブ行こうか?」と言ってくれたそうだ。B’zの稲葉浩志と木村は一緒にサーフィンに出かけるなど仲が良く、B’zのライブに木村がシークレットゲストとして出演したこともある。そんな木村からB’zのライブに誘われた兼近は「(夢を叶えたので)俺もう(芸能界に)いる意味ない!」とまで言っていた。

 視聴者は「木村拓哉さんが長く第一線にいる理由がわかるなぁ。気遣いも一流なんだね」「真っ直ぐに好きな気持ちを伝えられて、木村さんも嬉し恥ずかしそうでしたね」と、楽屋裏でも共演者への気遣いを忘れない木村の姿勢に感銘を受けた様子だった。

「EXITが木村拓哉の気遣いを絶賛 国民的スターは楽屋裏でも完璧だった!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。