「IHGイノベーションキャンプ2021」高校生がホテル業界のフードロス解決法を考えるオンライン大会

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

「IHGイノベーションキャンプ2021」高校生がホテル業界のフードロス解決法を考えるオンライン大会の画像1

 世界最大級のホテルグループであるIHGホテルズ&リゾーツ(本社:英国、日本:東京都港区、日本国内運営会社、IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社CEO:ハンス・ハイリガーズ)は、世界最大のグローバルな経済教育団体ジュニア・アチーブメント・ワールドワイドのメンバーである公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本と、155の国・地域から国際学生を受け入れ、学生・教員の約半数は外国籍という多文化共生キャンパスを創造する立命館アジア太平洋大学(APU)と共同で「IHGイノベーションキャンプ2021」を3月24日に実施。

 4月2日に開催の〈デイ2〉の大会では、全国から集まった高校生約40名7グループが立案したホテル業界のフードロス解決のビジネスアイデアを、プレゼンテーションに落とし込んで競います。

「IHGイノベーションキャンプ2021」高校生がホテル業界のフードロス解決法を考えるオンライン大会の画像2

 オンライン形式で実施された〈デイ1〉では、フードロスの取り組みについて開業予定のホテルインディゴ軽井沢総支配人・原めぐみから、フードロスの現状に関するプレゼンテーションが実施されました。

 その後、高校生たちがホテル業界のフードロス解決という課題についてイノベーティブで持続可能なビジネスアイデアを積極的に出し合い、〈デイ2〉へとつなげていきました。なお、優勝グループは、さらに今後実施予定のオンライングローバル大会へと駒を進めることとなります。

 今回のキャンプでは、かねてから観光・ホスピタリティ業界の人材育成への取り組みを進めてきた立命館アジア太平洋大学(APU)からも、4カ国7名の大学生が各チームにそれぞれメンターとして参加し、高校生に知識や語学面へのサポートも実施しました。

 今後もIHGホテルズ&リゾーツは、若い世代にホテル職場体験イベントやトレーニングなど、未来につながるさまざまな活動を通じ、ジュニア・アチーブメントとのグローバルでの取り組みを、日本でも引き続き実践していく予定です。

IHGホテルズ&リゾーツ / IHG・ANA・ホテルズグループジャパンについて:
IHG(インターコンチネンタルホテルズグループ)[LON:IHG, NYSE:IHG (ADRs)]は、下記の幅広いホテルブランドのポートフォリオを有する、インターナショナル企業です。

シックスセンシズ ホテルズ リゾーツ スパ, リージェント ホテルズ&リゾーツ, インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ, キンプトン ホテルズ&レストランツ, ホテル インディゴ, EVEN ホテルズ, HUALUXE ホテルズ&リゾーツ, クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツ, voco™, ホリデイ・イン ホテルズ&リゾーツ, ホリデイ・イン エクスプレス, ホリデイ・イン クラブバケーションズ, avid ホテルズ, ステイブリッジ スイーツ, Atwell スイーツ, キャンドルウッド スイーツ

IHGグローバルサイト:www.ihg.com
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのウェブサイト: www.anaihghotels.co.jp                 
IHGグループサイト: www.ihgplc.com

「「IHGイノベーションキャンプ2021」高校生がホテル業界のフードロス解決法を考えるオンライン大会」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。