横野すみれに「ジャニーズ目当てでアイドルになった」バッシング 警戒される48・坂道の“ジャニヲタ”メンバー

文=田口るい
【この記事のキーワード】
横野すみれに「ジャニーズ目当てでアイドルになった」バッシング 警戒される48・坂道のジャニヲタメンバーの画像1

横野すみれInstagramより

 「文春オンライン」で関ジャニ∞・横山裕とジャニーズJr.のユニット「Aぇ!group」の福本大晴との“二股密会”が報じられたNMB48・横野すみれ。記事によると、横野は以前からジャニーズJr.と飲み会を開くなどしており、このところは<やりたいことも目標もなくなったから卒業したい>とこぼしていたことから、一部からは「ジャニーズと出会うために活動していたのでは」とささやかれているという。

 “ジャニーズとの出会い”が目的で48グループや坂道グループに加入したとの疑惑が浮上した例は、これまでにもあった。

 有名なのが、元乃木坂46のセンター・白石麻衣が、関ジャニ∞・安田章大の追っかけだったという話。発端は、白石が芸能界デビューする前に撮影されたプリクラが流出したことだ。そこに写る白石は安田のうちわを持っており、関ジャニ∞ファンを意味する“eighter”と書かれている別ショットも発見された。当時、白石は“安田のあ”と名乗っており、関ジャニ∞ファンの間でも知られた存在だったと言われている。

 NGT48・中井りかはデビュー前、Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔の大ファンだったことがツイッターから発覚。「藤ヶ谷りか」という藤ヶ谷ファンのツイッターアカウントが公開していた自撮り写真が中井に酷似しており、中井本人ではないかと指摘されたのだ。「藤ヶ谷りか」はツイッターで、<わたしは、この先絶対何があったって太輔くんがだいすきです。心から、宇宙でいっちばん愛してます>などと情熱的につづっており、かなり熱狂的なファンであることがわかる。

 日向坂46・加藤史帆も、グループ加入前に利用していたと思われるツイッターアカウントが拡散され、Kis-My-Ft2・玉森裕太のファンだったことが判明した。さらに、デビュー後もジャニーズJr.のユニットであるTravis Japan・七五三掛龍也の追っかけをし、七五三掛が訪れたという場所を“聖地巡礼”して、その様子をSNSで公開していたと疑われている。

 2011年12月に行われたSexy Zoneの握手会では、当時SKE48の研究生だった鬼頭桃菜(現・三上悠亜)と井口栞里が目撃され、ファンの間で騒ぎになったこともある。後に鬼頭は元NEWS・手越祐也とのキス写真がスクープされたが、元ジャニーズJr.の金内柊真や船曳健太とつながりがあるという話も。ちなみに船曳健太は、元AKB48・小林香菜との熱愛が噂されたこともある。

 アイドルは誰でも簡単になれるわけではない。好きな人と接点を持ちたいと考えた末にアイドルのオーディションを受けて、見事合格したならば、そのガッツや行動力には尊敬の念すら覚える。

 そもそも、彼女たちが本当にジャニーズとの出会い目的でアイドルになったのかは不明だ。万が一、そのような動機でアイドルになったとしても、メンバーやスタッフ、ファンと関わるなかで「仕事をする理由」が変わっていくこともある。

 ただ、横野のようにアイドル同士がつながる事例が実際に起きている以上、もともとジャニーズに興味があった女性アイドルに対し、ファンは気が気ではないのだろう。

「横野すみれに「ジャニーズ目当てでアイドルになった」バッシング 警戒される48・坂道の“ジャニヲタ”メンバー」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。