18歳意識調査「コロナ禍とストレス」、緊急事態宣言下でのストレスの実態が明らかに

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
18歳意識調査「コロナ禍とストレス」、緊急事態宣言下でのストレスの実態が明らかにの画像1

Getty Imagesより

 2月上旬、「コロナ禍とストレス」をテーマに、35回目の18歳意識調査(日本財団/東京都港区、会長 笹川陽平)が実施されました。

 その結果、回答者の 50.4%がコロナ禍で「閉塞感を感じて」おり、1カ月以内に経験したこととして「不安やイライラが続くことがあった」(36.8%)、「疲労感が続くことがあった」(33.8%)と答えています。

 また「外出自粛で思うように余暇を過ごせなくなった」人のうち 91.1%がストレスを感じるなど、1月に発令された2度目の緊急事態宣言下での精神的な影響が明らかになりました。

 このほか、コロナ禍による「進学・就職への悪影響」「家族・自分自身の収入への悪影響」を体験したとする回答も17.7〜23.2%に上り、実生活にも悪影響が出ていることをうかがわせています。

<調査結果>
・コロナ禍による閉塞感
「周りの人が閉塞感を感じていると思う」58.7%
「自分自身が閉塞感を感じている」50.4%

18歳意識調査「コロナ禍とストレス」、緊急事態宣言下でのストレスの実態が明らかにの画像2

 

・コロナ禍で体験したこと・ストレス
「外出自粛で思うように余暇を過ごせなくなった」   :体験48.3%、ストレスを感じた91.1%
「オンライン授業など通常とは異なる学校生活」      :体験42.8%、ストレスを感じた71.3%
「離れて暮らす家族・恋人・友人と会いづらくなった」        :体験32.6%、ストレスを感じた88.7%

18歳意識調査「コロナ禍とストレス」、緊急事態宣言下でのストレスの実態が明らかにの画像3

・コロナ禍に関連した良い影響
「離れて暮らす家族・恋人・友人との関係」        :なかった62.9%、あった11.1%
「進学・就職」 :なかった59.5%、あった11.6%
「学校生活」    :なかった59.3%、あった22.5%

18歳意識調査「コロナ禍とストレス」、緊急事態宣言下でのストレスの実態が明らかにの画像4

 

・生活の変化:この1年間で増えたもの・減ったもの
増えた:
「スマホを操作する時間」71.8%、「趣味に使う時間」55.1%、「ゲームをする時間53.9%
減った:
「外出する時間」55.3%、「友人と遊ぶ時間」48.7%、「友人と食事する時間」48.0%

18歳意識調査「コロナ禍とストレス」、緊急事態宣言下でのストレスの実態が明らかにの画像5

・1カ月以内に経験したこと
「不安やイライラが続くことがあった」36.8%、「疲労感が続くことがあった」33.8%、
「思考力低下や集中困難が続くことがあった」25.0%

18歳意識調査「コロナ禍とストレス」、緊急事態宣言下でのストレスの実態が明らかにの画像6
 女性、「屋外で行う趣味の数が減った」層、「一人でいるさびしい時間が増えた」層、「外出する時間が減った」層、「友人と遊ぶ時間が減った」層、「家族と気分よく過ごす時間が減った」層などで、不安やイライラ、疲労感などを感じる割合が高めです。

18歳意識調査「コロナ禍とストレス」、緊急事態宣言下でのストレスの実態が明らかにの画像7

 得られたデータを元に行われた統計分析(構造方程式分析)によると、特に一人での屋内活動が増えたり、外出しての活動が減った人ほどストレス反応が強く、また、女性は男性に比べてストレス反応が強かったそうです。逆に、家族との時間が増えた人ほど、ストレス反応の低い傾向があった──とする結果も出ています。みなさんも、どこか思い当たる節があったのではないでしょうか?

 「第35回18歳意識調査「テーマ:コロナ禍とストレス」統計分析報告書(速報版)」

 https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2021/20210325-55393.html

・ストレスの原因を解決したり、気持ちを楽にする助け
「恋人」85.1%、「学校外の友人」70.2%、「学校(時代)の友人」69.9%

18歳意識調査「コロナ禍とストレス」、緊急事態宣言下でのストレスの実態が明らかにの画像8

 まとめとして、そんなストレスを癒やしてくれる存在について。最終的には、愛情・友情が心の支えとなることは、はっきりしているのかもしれませんね──。

<調査概要>
調査対象:全国の17歳~19歳男女、1,000名
調査除外:下記の関係者は調査から除外
     印刷業・出版業/マスコミ・メディア関連/情報提供サービス・調査業/広告業
実施期間:2021年2月12日(金)~2月16日(火)

調査手法:インターネット調査

調査結果の詳細は、以下のURLからご覧ください。
https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2021/20210325-55393.html

■18歳意識調査とは
選挙権年齢に続き、民法の改正に伴い2022年4月には成人年齢も18歳に変わります。そこで日本財団では、18歳の若者が何を考え、何を思っているのか、継続して調べる意識調査を2018年10月からスタートさせました。次代を担う18歳の意識を幅広く知り、社会づくりに役立てたいと考えています。
過去の調査結果など、18歳意識調査の詳細は以下をご参照ください。
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/eighteen_survey

 

「18歳意識調査「コロナ禍とストレス」、緊急事態宣言下でのストレスの実態が明らかに」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。