東京メトロ、介助要する乗客の案内に「社員専用アプリ」を導入

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

東京メトロ、介助要する乗客の案内に「社員専用アプリ」を導入の画像1

 東京メトロ(東京地下鉄株式会社/本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村明義)は、このたび、列車の乗り降りに介助が必要な乗客の案内用に、「お客様ご案内用アプリ(社員用)」を導入しました。

 同社ではこれまで、介助が必要な乗客については、乗車駅/降車駅間の電話連絡による情報共有の上、案内を行っていました。

 今回導入された「社員専用アプリ」は、乗客の乗り込んだ列車の情報や、QRコードを使用した乗車位置等の情報を降車駅とリアルタイムで共有・連携することで、スムーズな案内を目指すほか、ヒューマンエラーの防止や業務の効率化が図れるといいます。

東京メトロ、介助要する乗客の案内に「社員専用アプリ」を導入の画像2

<アプリで簡単入力が可能な主なご案内情報>
(1)お客様の乗車列車と列車時刻
 【乗車駅】
  列車運行情報と連携したリアルタイムな運行情報をもとに刻々と動いている列車の中から「乗車する列車の運行番号」を選択すると、乗車列車と列車時刻がワンタップで入力完了(列車時刻は自動的に入力される)。
 【降車駅】
  列車運行情報との連携により、乗車された列車と到着時刻が表示されるとともに、列車が数駅手前に到着すると接近アラームによる通知が行われます。

東京メトロ、介助要する乗客の案内に「社員専用アプリ」を導入の画像3

(2)お客様の乗車位置
  ホームドア等に貼付したQRコードを用いて登録を行うことで、乗車位置が自動的に入力されます。
東京メトロ、介助要する乗客の案内に「社員専用アプリ」を導入の画像4

<対象端末>
(1)勤務中の駅社員等が携帯するスマートフォン端末約1,500台
(2)駅事務室のタブレット端末約150台

・使用路線
  東京メトロ線全線
   ※ただし、北千住(日比谷線)、中目黒、中野、代々木上原、和光市、渋谷(半蔵門線・副都心線)、目黒の各駅を除く。

・お客様のお問い合わせ先
  東京メトロお客様センター TEL: 0120-104106

「東京メトロ、介助要する乗客の案内に「社員専用アプリ」を導入」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。