水川あさみ、窪田正孝の“ドタキャン報道”に苦言? 「悪意とフィクションと憶測で構成された記事」

文=田口るい
【この記事のキーワード】
水川あさみ、窪田正孝のドタキャン報道に苦言? 「悪意とフィクションと憶測で構成された記事」の画像1

水川あさみInstagramより

 女優の水川あさみがInstagramのストーリーズを更新。内容が意味深だとして、ネットで話題になっている。

 水川は3月26日、ストーリーズに<悪意とフィクションと憶測で構成された記事をこのご時世信じるひとってどのくらいいるのだろう 創作するなら、もっと違う素晴らしい何かを作ればいいのにね><うん ただのひとりごと>と投稿。これは、夫・窪田正孝が水川の言いなりになっていることから、舞台『酔いどれ天使』主演の仕事をドタキャンしたのではないかと、「女性自身」2021年4月6日号(光文社)に報じられた件への発言だと思われる。

 「女性自身」では、窪田は新型コロナウイルスの感染リスクを理由に舞台主演をキャンセルしたものの、一方では10月期クールのドラマ『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)の撮影に参加していることから、関係者の中には納得がいかない者もいると伝えていた。

 すると、ネットでは<コロナ感染のリスクを考えてドタキャンした>との部分に注目が集まり、「水川あさみが妊娠したからでは」「自分がコロナ感染した時の母子への影響を考えて降板したとか?」という声が続出。ドラマ撮影の場合は感染対策として、出演者同士の間にアクリル板を設置して、後に編集で消すなどの方法もあるが、舞台の場合はそうもいかない。そのため、より感染リスクが低い仕事のみ受けることにしたという見方なのかもしれないが、水川が妊娠しているかどうかは定かではない。

 そもそも、水川は10代の頃から芸能界で活躍するベテランである。仮に妊娠していたとしても、窪田が主演舞台をドタキャンすることによって関係者にどれだけ迷惑がかかるのか、十分理解しているだろう。ゆえに、妊娠中でコロナ感染のリスクを考えたとすれば、窪田に主演舞台をドタキャンさせるのではなく、出産まで窪田と別々に暮らすという方法もあるだろう。

 また、件のドタキャン報道では、水川が女優の宮沢りえを尊敬しているとも紹介。V6・森田剛がグループ解散やジャニーズ事務所からの退所を決めたのは、妻・宮沢りえの影響があるといわれており、水川はそんな森田・宮沢夫妻を見て、窪田に<もっと自分の意志を仕事先に伝えるべき>と刷り込んでいるのではと伝えられていた。

 ドタキャンの真相はさておき、仕事について何かを決める上でパートナーの意見やアドバイスを取り入れることは何ら悪いことではないだろう。むしろパートナーに何の相談もなく、大きな仕事のオファーを引き受けたり、今後の活動方針について決断したりする方が問題ではないか。そうした側面からみれば、窪田と水川、森田と宮沢は夫婦としてしっかりコミュニケーションが取れているといえるのではないのだろうか。

「水川あさみ、窪田正孝の“ドタキャン報道”に苦言? 「悪意とフィクションと憶測で構成された記事」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。