『スッキリ!』リニューアル初日からまさかの放送事故!? スタッフ総出で「カオスすぎ」

文=柴田さとみ
【この記事のキーワード】
『スッキリ!』リニューアル初日からまさかの放送事故!? スタッフ総出で「カオスすぎ」の画像1

『スッキリ』公式サイトより

 春の番組改編に伴い、MCに岩田絵里奈アナウンサーを迎えた『スッキリ!』(日本テレビ系)。初日3月29日の放送ではオープニングからトラブルが発生し、あわや放送事故となった。

 番組のオープニングで岩田アナが挨拶をすると、MCの加藤浩次は<今日いっぱいミスるんだろうね〜。今まで水卜ちゃんはミスまったくなかったから、岩田さんは今日すごくミスると思う〜!>と冗談。岩田アナの緊張をほぐす微笑ましいシーンで始まった。

 しかし、続いて行われたオープニングの企画「男女で違う?重心チャレンジ」のコーナーで、トラブルは起きた。男性と女性では重心の位置が違うことから、女性にはできて男性にはできないポーズが、今、海外で話題になっているという。床に膝をついて四つん這いになり、頬杖をつく、そこから腰の後ろで両手を組む、というこの動き。重心が下半身にある女性はできるが、重心が上半身にある男性には難しいのだそう。

 さっそく、解説しながら岩田アナがチャレンジ。四つん這いになり肘を立て、頬杖を付いた状態から、<で、これで(後ろで)両手を組むようにします>と言いながら手を後ろに持って行こうとすると、<ん〜できない!>とそのまま前に倒れてしまい、失敗してしまう。これには<できないんじゃん!>と加藤もスタジオも大爆笑。

 次にコメンテーターの榊原郁恵がチャレンジするも、同じく倒れて失敗。続いて和服姿の近藤サトまで呼ばれて挑戦するが、やはり失敗。仕方なく加藤はカメラアシスタントのハシモトさんを呼び挑戦させるが失敗し、スタジオは混乱気味。

 加藤と森アナも次々に挑戦するが、まったくできる様子もなく崩れてしまう。このままでは終われないと、さらにスタッフの若い女性がもう1人挑戦するがやはり駄目。スタジオはリニューアル初日の冒頭から不穏な空気に包まれ、<え〜と、これはどうしましょうか。>と岩田アナも困惑していた。

 そこで、チーフディレクターの女性が挑戦することに。森アナからは<カゲヤマさんが決めたんだよね? このネタね?>とプレッシャーを受け、<本当すみません>と謝りながらも、全員が息を詰めて見守るなか、見事に成功。なんとか、オープニングを締めることができた。

 この放送に視聴者からは「序盤から放送事故連発!レギュラー陣が出来なくて、制作スタッフが成功して拍手が起きるとかカオスすぎ」「まさかのスタッフまで動員しても出来なくて、朝から爆笑しました」といったコメントが多数噴出していた。

 初日の冒頭からスタジオとお茶の間をざわつかせた新生『スッキリ!』。思わぬトラブルも結果的に掴みは“バッチリ”となったようだ。

「『スッキリ!』リニューアル初日からまさかの放送事故!? スタッフ総出で「カオスすぎ」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。