木村拓哉、工藤静香の“娘プロデュース”に危機感? 芸能界入りしたCocomiとKōki,に「覚悟しなきゃいけない」とも発言

文=田口るい
【この記事のキーワード】
木村拓哉、工藤静香の娘プロデュースに危機感? 芸能界入りしたCocomiとKōki,に「覚悟しなきゃいけない」とも発言の画像1

木村拓哉Instagramより

 木村拓哉が、妻・工藤静香による“娘プロデュース”に不安を覚えていると、3月30日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 記事によると、木村と工藤の娘・Cocomiは先日、6月21日公開のアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』で声優デビューすることが決まり、Kōki,も3月に中国のオーディション番組にゲスト出演するなど活躍しているが、その背景には工藤によるプロデュースがあるという。 CocomiとKōki,は工藤と同じ事務所に所属していることもあって、娘の仕事内容については工藤が仕切る状態だそうだ。

 しかし、木村は娘たちの芸能活動について<両親の名前や肩書きに頼らず、地道に努力してほしい>と考えており、現状について<このままで大丈夫なのだろうか>と危機感を抱いていると伝えられている。

 確かに木村は、かねてより娘のCocomiとKōki,について、自分なりの考えを持って芸能活動をすることを望んでいるようであった。昨年4月2日放送の『徹子の部屋 45年目突入3時間SP』(テレビ朝日系)に出演した際には<(芸能人のような)表に出るような立場にさせていただくと、それなりの……本人(CocomiとKōki,)が思うべきこと、覚悟しなきゃいけないこととかもあると思いますし。それは自分たち(木村と工藤)が押しつけるものではなくて、(CocomiとKōki,が)自分たちの中で、自分たちが(覚悟を)持つべきものだと思うんで>と親としての想いを明かしていた。

 週刊誌の情報だけだと、まるでCocomiとKōki,は工藤の操り人形のように写るが、なんでもかんでも従っているというわけではないようだ。木村は2019年1月13日、近藤真彦のラジオ『COME ON! ROCKIN’ROAD』(FM COCOLO)にゲスト出演した際、工藤と娘による激しい親子喧嘩のエピソードを語った。

 それによれば、ある日工藤が水仕事をしていた際に、その水がはねてしまったことから娘が<チッ。わざとかけてんじゃんねぇーよ>と工藤に反抗。それを聞いた工藤は<わざとそんなことするわけないじゃん>と答えたものの、娘は<わざとじゃなかったら飛んでくるわけないじゃん>とさらに反抗したため、木村は読んでいた台本を机に叩きつけ、コップに水を入れて<わざとって、どういうことかやってやろうか>と娘を一喝したという。この“娘”が CocomiなのかKōki,なのかは不明だが、木村家でも一般家庭によくあるような親子喧嘩が繰り広げられているようだ。

 また、工藤は家庭では“折れまくり”だと明かしたことも。工藤は3月22日、坂本美雨がパーソナリティを務めるラジオ『ディア・フレンズ』(TOKYO FM)にゲスト出演。リスナーからの「けんかした後の対処法は?」という質問に対して、こう答えていた。

<簡単ですね、『コーヒー飲む?』とか声かけます。私、めちゃくちゃ折れまくりです。もう“工藤折れ香”ですよ、めっちゃ折れます>
<すごく頭に来ても、頭に来て、ツンとする時間が長いのがつらいです。だから、自分で悪くても悪くなくても、『何か飲む?』っていうのがいいですね、一番多いですね。なんか違うこと、『何か食べる?』『何か飲む?』っていうのは一番きっかけになりやすいというか、好きな言葉ですね>

 もちろん、家庭と仕事場での姿勢が違うことも考えられる。仕事場では娘たちをプロデュースしている分、家庭ではなるべく彼女たちのわがままを聞いてあげることでメリハリをつけている可能性もあるだろう。

 両親ともに超有名芸能人というCocomiとKōki,だからこそ、芸能活動においてはどうしても木村や工藤の名前がつきまとうが、そんな状況をどう使っていくかは自由である。そもそも両親の間で、子どもの生き方について意見が分かれるのは珍しくない。自分たちと同じ芸能界で生きていくとなれば、なおさら木村と工藤はそれぞれの経験に基づいた考えがあるだろう。今は、娘たちの今後にまつわる意見をすり合わせている最中なのかもしれない。

「木村拓哉、工藤静香の“娘プロデュース”に危機感? 芸能界入りしたCocomiとKōki,に「覚悟しなきゃいけない」とも発言」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。